新着情報

ミニ特別展「山口県の「県の石」」の開催!


 平成28510日、日本地質学会は、全国47都道府県それぞれに特徴的な岩石・鉱物
・化石を「県の石」として選定しました。ふるさとの大地を知り、学ぶことによって、
環境・防災に役立てればとの思いからです。

 県の花(山口県は夏みかんの花)・県の木(アカマツ)・県の鳥(ナベヅル)と同じよう
に、ふるさと山口のシンボルとして末永く親しんで頂ければと存じます。

 本特別展では選定されました山口県の「県の石」(岩石・鉱物・化石)について紹介します。

期間:平成28927日(火)~平成29528日(日)

時間:9時~17時 休館日:月曜日(祝日の場合翌日)

場所:秋吉台科学博物館2階 ミニ特別展スペース

観覧料:無料  電話:0837-62-0640



ミニ特別展「秋吉台から発見された新種のサンゴ化石2」の開催!

 秋吉台は約3億年前の化石が豊潤に産出する地域として世界的に有名です。古くより化石の研究が
さかんに行われ、これまでに数多くの新種化石が報告されてきました。近年においても毎年のように
新種の化石が報告され続けています。

このたび、広島大学の児子修司博士が秋吉台科学博物館との共同研究により床板サンゴ類の新種を
発見し、秋吉台科学博物館報告
51号に記載論文として報告しました。この新種化石を博物館の展示
スペースの一角で特別展として期間限定で公開します。

 

1 期  間  平成2896日(火)~平成29528日(日)

2 場  所  秋吉台科学博物館 2階展示スペース