ケーブルインターネット

 

迷惑メールチェックサービス 利用規約


 迷惑メールチェックサービス利用規約(以下「本規約」といいます)は、山口ケーブルビジョン株式会社(以下「当社」といいます)がC-ableインターネット接続サービス契約者(以下「契約者」といいます)向けに提供する迷惑メールチェックサービス(以下「本サービス」といいます)の利用に関しての諸規定を定めます。


 第1条 利用規約

・本規約は契約者と当社との間の本サービスに関する一切の関係に適用されます。

・本サービスに関してオンライン上に表示する本サービスの注意事項、使用方法等(以下「諸規定等」といいます)は、名称の如何に関わらず、本規約の一部を構成するものとします。

・本サービスの利用に関して本規約に定めない事項に関しては、C-ableインターネット接続サービス契約約款(以下「当社約款」といいます)が適用されるものとします。本規約の内容と当社約款の内容に定める内容が抵触する場合には、本規約に定める内容が優先して適用されるものとします。

・本規約は、当社約款の一部を構成するものとし、本サービスの利用に関して本規約に定めのない事項は、当社約款が適用されるものとします。

・当社は契約者の了承を得ることなく本規約の内容を変更できるものとします。変更後の本規約は、オンライン上に表示したことにより効力を生じるものとし、契約者は変更後の本規約に従うものとします。

 第2条 利用者

・本サービスをご利用いただけるのは、当社がその利用を承諾した契約者のみです。

・前項の規定にも拘らず、契約者が自己の本サービスを利用できる資格に基づいて本サービスを利用する者(以下「利用者」といいます)に対し、本規約により自己に定められている義務と同等の義務を課し、これを遵守させることを条件に、本サービスを利用させることができるものとします。
この場合は、利用者による本サービスの利用は当該契約者による本サービスの利用とみなされます。

・前項に関して、契約者は当該利用者の義務違反に関して連帯して責任を負うものとします。

・契約者は、自己が保有する本サービスの利用資格に基づいて本サービスを利用する利用者が本規約により自己に定められている義務と同等の義務に関して違反があった場合、自己の費用と責任において、当該利用者による本サービスの利用を中止させ、かつ再発防止に必要な処置をとるものとします。

・契約者は、本サービスの不正利用が行われ、または行われた可能性があり、本サービスの提供または他社のインターネットの利用に支障をきたすおそれがあると当社が判断した場合、当社が当該契約者の同意を得ることなく、当該契約者による本サービスの利用を停止することがあることを了承します。

 第3条 本サービス

・本サービスは、当社が発行した契約者向メールアドレスに対し、契約者の承諾なく一方的に送信される電子メールや一般的に不快感、嫌悪感をいだかせる内容の電子メール(以下「迷惑メール」といいます)を、当社がその時点において妥当だと判断する基準(以下「基準」といいます)に基づき、かつ契約者または利用者が自ら設定した条件に基づき、自動的に振り分けを行い、契約者のメールボックスへの配送を防止または減少させる目的で提供するサービスです。

・契約者または利用者は、本サービスを利用することによって、迷惑メールの自己のメールボックスへの配送を防止または減少を期待することができます。

・本サービスによって配送が防止された電子メールは、契約者のメールアドレス毎にサーバ上に設けられた隔離ディスクスペースに一時的に保存するか、または削除されます。隔離ディスクスペースに保存するか、または削除するかは契約者または利用者により任意に設定することができます。保存期間を経過した隔離ディスクスペース上の電子メールは自動的に削除されます。

・本サービスにより、削除された電子メールの復元はできません。また削除の事実は、契約者または利用者ならびに当該電子メールの発信元のいずれにも通知されません。

・本サービスの利用開始、利用停止、その他設定等は、本サービス向けにオンライン上に提供されたWeb画面で契約者または利用者が自ら行うものとします。

 第4条 禁止事項

・契約者または利用者は、本サービスの一部または全部に関して、第三者に対して使用許諾、賃貸、貸与、譲渡、担保設定等を行わないものとします。

 第5条 責任の制限

・当社は、本サービスが契約者または利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能を有すること、商品的価値を有すること、不具合が生じないことを含め、本サービスについて明示的にも黙示的にも一切の保証を行いません。

・本サービスを受けるにあたって、本サービスの利用に起因して、契約者または利用者、さらにはその他の第三者に生じた結果的損害、付随的損害及び逸失利益に関して、当社は一切の責任を負いません。

・契約者または利用者が本サービスを利用することにより、または本規約に違反することにより、第三者(他の契約者を含む)に損害を与えた場合または第三者との間で紛争が生じた場合、契約者または利用者は自己の責任と費用をもって解決するものとし、当社に何ら迷惑をかけたり、損害を与えないものとします。

 

 第6条 本サービスの終了

・契約者は、契約者たる資格を失った場合、本サービスの利用資格を失うものとします。

・契約者または利用者が本規約に違反した場合、または当社が不適切と認める利用行為が行われた場合、当社は何ら催告することなく当該契約者による本サービスの一切の利用を終了させることが出来るものとします。この場合契約者は本サービスを一切利用することができません。

・契約者は、当社が別途定める手続きに従って本サービスの利用を終了することができるものとします。

 

 第7条 サービスの中断

・契約者は、次の場合当社が本サービスの提供を中止または一時中断することを了承するものとします。
(1)本サービスの提供に関連する設備などの保守を定期的・臨時的に行う場合
(2)本サービスの提供に関連する設備に止むを得ない事由が生じた場合
(3)天災、地変、その他異常事態が発生し、または発生するおそれのある場合
(4)前号に述べる異常事態により本サービスの提供ができなくなった場合
(5)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合
(6)その他、運用上または技術上、当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合

・前項の規定による本サービスの提供の中止または一時的な中断により、契約者または利用者若しくは第三者に生じた損害に対して、当社は一切の責任を負わないものとします。また一切の補償、賠償を行わないものとします。

 

 第8条 その他

・契約者は、当社が任意に何らの予告なく本サービスの内容の変更及び本サービスの中止を行うことを了承するものとします。