トップケーブルインターネットよくあるお問い合わせ > Outbound Port25 Blocking(OP25B)について

ケーブルインターネット

 

Outbound Port25 Blocking(OP25B)について

この度、C-ableではご利用者の方々に安心してインターネット環境をご利用して頂く為にセキュリティ対策の一環として、 Outbound Port 25 Blocking(OP25B)を実施することとなりました。(2007年11月1日より開始)

本対策を実施することで、ウイルス・迷惑メールの発信を防ぎ、迷惑メールの受信を削減することが期待できます。 お使いのメールソフトで通常の設定(送信メールサーバとして弊社送信メールサーバを設定)されている場合は、特にパソコンの設定を変更する必要はありません。
OP25Bの実施につきまして、皆様のご理解・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

OP25B実施イメージ図

「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」とは
「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」とは、メール送信時に使用されるTCP25番ポートの接続先を弊社送信メールサーバのみに限定することで、 コンピュータウイルスやスパイウエアに感染したお客様のパソコンからの迷惑メール発信を制限する手法です。

昨今のコンピュータウイルスやスパイウエア等の中には、感染しますとお客様のパソコンが大量の迷惑メールを送信する踏み台にされたり、 パソコン内に保管されているデータ(個人情報、機密情報 等)が漏洩する危険性があります。
コンピュータウイルス等に感染したパソコンから送信される迷惑メールは、直接先方のメールサーバへ迷惑メールを送りつける仕組みのものがほとんどですので、 「Outbound Port25 Blocking」によって、意図しない大量の迷惑メール送信を防ぐことができます。


「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」で影響を受ける方
弊社固定グローバルIPサービスをご利用のユーザ様を除く、全てのユーザ様が対象となりますが、 お使いのメールソフトの「送信メールサーバ」設定の項目に弊社送信メールサーバが設定されていれば 設定の変更等は発生いたしませんので、そのままご利用いただけます。

他社インターネットサービスプロバイダの送信メールサーバをご利用の場合は、メールが送信できなくなる可能性があります。
対応策といたしましては、下記『「Outbound Port25 Blocking」の影響でメール送信が出来ない場合の対処法』を参照してください。



「Outbound Port25 Blocking」の影響でメール送信が出来ない場合の対処法
「Outbound Port25 Blocking」の影響により、他社インターネットサービスプロバイダの送信メールサーバを利用している場合などで、 メールの送信ができなくなってしまうことがあります。その場合、お手数ですが設定変更をしていただく必要があります。

1. 弊社送信メールサーバを使用する
お使いのメールソフトの「送信メール」設定を弊社送信メールサーバに変更して頂く方法です。
送信メールサーバ名に関しましては、ご加入時にお渡ししてあります「メールアドレス・パスワード通知書」を参照してください。

2. 他社インターネットサービスプロバイダの「Outbound Port25 Blocking」対応のサービスを使用する
ご利用の他社インターネットサービスプロバイダにて、「Outbound Port25 Blocking」対応のサービス(サブミッションポート 等)を行っている場合、 そちらをご利用になることも可能です。サービスの有無や設定方法等につきましては、サービスを行っているインターネットサービスプロバイダへお問い合わせ下さい。