道永の滝 ルート : 徳佐よりR315→阿武町境より約 2Km→弥富上の馬場で右折
【須佐から→(R315:約 10Km)→弥富上の馬場で左折】
→県道14→(約2Km)→新市の手前で橋を渡ると直ぐ右折
→狭い道路
(500m)→右折し橋渡る、及谷川沿いの町道(?)へ
→離合可能な 4m舗装道路(約2Km)
(案内板)駐車場→遊歩道(100m位)→道永の滝
画像2
情 報 : 道永の滝 の駐車スペースは5〜6台、トイレなし
の遊歩道は整備されている、

近くの「畳ヶ淵」もどうぞ、途中に(案内板)あり
駐車場も完備されている
滝の伝説は
最下段に記載
画面クリックで、拡大します
落 差 : (中段の滝:約?m)・(下段の滝 :約 10m) 【やや中形】
3段滝=70mと須佐の名勝めぐりに書いてあるが上段は見えず
場 所 : 萩市(旧須佐町)弥富下(田万川の支流→及谷川→支流)  参照:北部 広域図
伊良尾山麓から湧き出る年中水温14度前後の豊富な清水が流れ、老木の間に飛沫を飛ばす景観は勇壮です。
滝壺の傍らには洞穴があり、毛利元就に敗れた陶晴賢(すえはるたか)の残党が山伏となってこの地に逃れ、
その子孫の市高吉之兵衛(いちたかきちのひょうえ)が黄金の茶釜を隠したという伝説もあります。
また、行者の修行地であったことでもある。
滝の下流20mあたりで、水が地下の割れ目に吸い込まれる音(遠くの雷音)がするが、ビックリしないように