淵ヶ平の滝 ルート : 国道262号線( 旧旭村)佐々並 交差点:道の駅手前(A 地点:信号あり)
→南方向に入る(350m)→
B 地点左折(幼稚園の手前:100m)
C 地点左折(橋を渡る:150m)→D 地点右折(400m)→P地点駐車
→山側の遊歩道を歩行(約 300m)→
淵ヶ平の滝
情 報 :
(H23.3.30)
案内板あり
A 地点の手前を左折してスポーツ場の南に駐車して、遊歩道を行っても
 良いが入口付近の山の法面が崩れやすく危険、また、歩道も荒れ放題だ

P 地点駐車場は、駐車 10台くらい可能、トイレなし
・上の遊歩道を行き滝の上部に行けるが、滝下に降りるのは
危険
・滝下には、駐車場から川沿いの水路に沿って行けます、が 足元悪し、
・近くの滝 荒神の滝 (佐々並)
画像クリックで、拡大します
上からの画像1画像2
名前の由来は
最下段に記載
落差:約 4 m (小形)
場所:萩市(旧旭村) 佐々並
参照:中部広域図
別名:雨乞い淵と呼ばれ、その昔、佐々並の村里がひどい干ばつになったとき、滝つぼの水を汲み出し、
   わらを焚いて天に祈願したところ、人々の願いが天にとどき雨が降ったといわれています