木目の滝 ルート : 寂地峡までは、(参照:北東部 広域図

寂地峡()隣の宇佐八幡宮→(300m)→右の道
→(舗装林道:700m)→A地点(駐車スペースあり)
→(未舗装林道:離合やや困難:1.5Km)
地点(目印 大岩あり:も見える)
→河原に降りて、滝壷

上段滝
情 報 : 案内板なし
A~B 間の未舗装林道は、雨裂による凸凹の石だらけの道
 新車は辛いでしょう、又、四駆でないと、(軽四無理)
A 地点付近に駐車スペースあり、ここがら歩行が賢明
B 地点からの谷下りは、獣道状態で急傾斜の為、
 やむなく中止しましたが、B 地点から見えます、

滑滝のため、流水が木目のように見える
上段滝下段滝は、30mの間隔

滝の由来は最下段に記載
落差:上段 20m 位
   下段 15m 位
  (中形:県内レベルでは)
 
場所: 岩国市(旧錦町)宇佐(浦石峡)
木目という滝名は、すべり台状の岩膚を水が薄く広く 木目のような模様を描きつつ流れ落ちるため。