扇子落滝 旧福栄村 ルート
道の駅(ハピネス福栄)→萩方面(県道11号:1.3Km)
X 地点左折(赤い案内板が、有ったと思う ?)
→田尻方面へ (舗装道:3Km)
Y地点左折→高坂方面へ(舗装道:200m)
Z地点(看板あり:駐車)
→整備されたアップダウンの遊歩道(少しキツイ:20分)
扇子落滝の上
Z地点の駐車スペースは路上を探す:トイレなし
の上には、由来の看板あり:滝の下は、見えない
・遊歩道の途中左折で、滝下に行けるが距離遠く困難らしい?
滝上 滝下
名前の由来は
最下段に記載
画像クリックで、拡大します
落差: 30 m (大形:県内レベルでは) 
場所: 萩市(旧福栄村と旧川上村の境界)立野川
旧川上村ルート
参照:北部 広域図
国道262号線を萩有料道路に入らず、阿武川ダム方面へ→ A地点(GSあり)→(約200m)
地点左折→県道(1.2km)→地点右折→(立野川沿いの舗装林道?:約 1.9km)
地点直進(横坂)→(約2.4km)→E地点 (ここまでのルートは 鳴海滝ルート参照
E地点左折(約1.9km)→F地点(看板あり:駐車)→やや荒れた山道歩行(3〜400m)→扇子落滝の下
F地点の駐車スペース(2台?):トイレなし
旧藩主毛利公が狩猟のつれづれに ここにさしかかり、その美景にうたれて、思わず手にした扇子をとり落したので、
この名があるといいます