改訂2007/1/23

 ちょっと駐車場や通路を小綺麗にしたいとお思いではありませんか。 
多少に関わらず舗装の相談なら経験の豊富な石山建設にお任せ下さい。


どこが違う?石山建設の舗装

ご相談・お見積りはこちらまで。

〒753-0222
山口市大内矢田南四丁目8番1号
石山建設株式会社

電話 083−927−0338(石山建設工務部直通)
FAX 083−927−5588

担当:松川まで

不在の時はこちらからお掛け直し致しますのでご伝言ください。
現地を見せて頂きご要望をお聞きして、お見積もりさせて頂きます。

 ←メールはこちらへどうぞ。

 舗装と言えば黒色の舗装のように思われるかもしれませんが、すこし価格は高めになりますが真砂土のような風合いを持った舗装もあります。

 写真は、山口市内大内史跡の龍福寺の駐車場への道路です。お寺の雰囲気を保ってシックな感じにできあがりました。
 舗装にも品質があります。アスファルト合材に含まれるアスファルトが、適正な量入っていないと暑さで流動してくぼんだりひび割れを起こしたりする原因になります。当社はいつでも最適に配合管理されたアスファルト合材を使用しております。

舗装工事は石山建設へ
 市内のガス・水道工事の復旧舗装をさせていただいている写真です。

常時、舗装専門工事班が、山口市を中心に舗装工事を行っておりますので、迅速かつお安く鋪装工事施工をご提供する事が出来ます。
 舗装する前の地面や砕石の機械転圧が少ないと後日の陥没や輪だちの発生につながります。毎日、維持工事やガス、水道の復旧工事を行っている石山建設だからこそ工事の後の沈下や陥没のこわさを一番よく知っています。「石山建設の転圧はねついね。」と言われるのはこういう積み重ねた経験から出てくる施工の違いなのです。
 舗装工事の担当には土木施工管理技士の国家資格、舗装施工管理技術者の認定資格者を配置しています。山口県などの公共の舗装工事を、実際やってきている監督ですから経験が違います。
自然色舗装 大内氏史跡龍福寺
ガス・水道復旧舗装
国道262号排水性舗装
国道262号排水性舗装
自治会通学路舗装
 山口市大内の町内会の通学路舗装の写真です。

 あぜ道で草が生えたりして雨の時には靴が濡れたりしていたそうです。町内会のご担当のご苦労もあり教育委員会からの補助にて舗装されました。これで子供たちも快適に通学できます。