光市立島田小学校 健康教育講習会

7月27日(木)、光の島田小学校に行かせていただきました。

 

「色」と「心」と「身体」はつながっている

ということで、「色」であらわれる心身のことや

パーソナリティを体験していただければと思いこの講習会を提案しています。

 

今回は13名の先生方に参加いただきました。

夏休み中の暑い中、ありがとうございました。

 

1時間という時間では駆け足になってしまったかなという印象もありますが、

先生方の選ばれた色はさまざまでバラエティ豊かでした。

お一人お一人の色を解説しつくすことはできませんでしたが、

助け合ったり、尊重し合ったり、補い合ったり、

カラフルなパレットのような職員室を想像しました(*^^*)

 

校長先生が「自分の選んだ色以外の色のことも、全部自分にあてはまる」とおっしゃっていました。

実はわたしたちはすべての色の感覚を体験的、経験的に知っています。

そして惹かれる「色」は「選んだ人自身そのもの」ということができるでしょう。

 

色をひもといていくことで、意識に上がっていない本当の自分の可能性にアプローチすることが可能です。

調子のよいときはもっともっと自分自身の色を使うといいですし、

調子の出ないときは自分自身の色を使えていない可能性があるのです。

自分自身の色を発揮できることは、思う存分自分自身を生きられているということ。

つまりリラックスできているということです。

けれど実際は難しいですよね💦

 

自分自身の選んだ色と向き合うことは、本来の自分自身の姿(心地よいリラックスしている自分自身)

を思い出すのに役立ちます。

メンタルヘルスとして「色」をお奨めするのはこういうことからなのです。

 

「自分自身で色を選ぶ」→「自分自身の色をみる」=「自分自身を見る」

という体験をしてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

≪先生方から頂いた感想の声≫

・このようなメンタルヘルスは初めてでした。何を言われても外れていない気持ちになっているのが面白く皆で楽しむことができました。

・自分の惹かれる色が少し変わったのにびっくりしました。(ピンクといわれてなおさら)

自分を見つめなおすいい機会になりました。ありがとうございました。

そしてストレスを軽減できるよう今日のお話を」参考にしていきたいと思います。

・これまで気づかなかった「自分」に気づくことができました。

自分を見つめるいい機会になりました。

・自分の中に潜んでいる思いが見えて、興味深かったです。島田省の先生方がお互いに補い合いながら、バランスが取れているといわれ納得しました。

・楽しくお話を聞くことができました。ありがとうございました。

・とても楽しい研修でした。自分の良いところを生かし、ほかの人と協力し合いながらお互いに補い合える関係作りができたらいいと思いました。

・自分を見つめる機会となりました。楽しかったです。

また島田小の職員は程よくカラーが分かれていたのでバランスのよい職場なのだと納得しました。(とても雰囲気のいい職場なので)

・職場の人たちがどのような色を好みそれぞれの関係性についてお話を聞くことができて楽しかったです。私自身は赤でしたが、どうして赤が足と関係するのかという根拠が知れるとありがたかったです。

・自分らしさや自分の良さを言語化していただいて嬉しい気持ちになりました。

お互いに良いところを発揮し、補い合いながら前向きに生きていこうという気持ちが持てました。

 

 

 

 

2017年07月30日