色からアプローチする児童生徒理解

DSCN3963

8月9日(土)

防府総合支援学校の職員研修として講座をさせていただきました。

昨年に引き続き2回目の開催です。

昨年はメンタルヘルスに関しての内容でしたが、

今年は色彩心理を児童生徒の理解に役立てられないか?という声から企画されたものでした。

そこで、講座前に参加される先生方に

「子供たちの好きな色やキャラクターを気にかけておいてください。」

とお願いし当日講座前にそれをひとりひとり伺っていきました。

ひとりひとりの子どもの数と同じだけ、エピソードがどんどん出てきます。

先生方の子どもたちに常日頃から真剣に向き合っていらっしゃる様子を感じ取り頭が下がる思いでした。

色の視点からひとつづつコメントをしながら先生方と話させていただきました。

その後、戦隊ヒーローの色になぞらえて色彩言語のお話をさせていただき、

あっという間に時間が来てしまいました。

 

以下、先生方から頂いた感想です。

 

・色という視点で人を見ていくとまた違った見方ができてよいと思いました。

・「青のマットに乗ったら寒気がして鳥肌が立った」というお話に非常に共感が持てました。私は先生とは逆でオレンジが暑苦しくて苦手です。理にかなった感じ方なのだと思いました。青の人は一人の時間を作ってあげる、赤が好きな人はエネルギーを運動に向けるとよいといったことをもっと伺いたいと思いました。

・とても参考になりました。色、本当にその人の持っているもの・管制を表現できるんだなと感心しました。2学期以降もう少し生徒をよく観察して接していけたらいいな、寄り添っていけたらいいなと思いました。

・色のイメージは前から持っていましたが、新たなイメージも知れてよかったです。好きな色はそれぞれありますが、どの色も自分の中にあるという言葉が印象的でした。人に対するイメージはその人と関わる際のヒントにもなるという話を聞いて子どもたちに「ゴレンジャーのプロデュース」をやってみるのも面白いと思いました。

・色と心理がつながっているということが改めて分かりました。子どもの理解に役立てたいです。

自分の中に、またその反対色の要素があるということを知らなくて意外でした。

・色が人に与える心理的効果、逆に精神的状態があらわれる色での表現というものを意識することで子どもを理解するうえで新しい視点となると感じた。

・1つの色に本当に色んな意味があること、また生徒の行動がすごく理解できました。少し見る目を変えて接することができそうです。

・児童の好きな色とキャラクターを知るだけでその子が何を望んでいるかを知ることができました。緑の色は平和で自分のテリトリーを荒らしてはいけない、ついになるのは赤、緑の半面で赤が出る可能性はあると聞いて児童にとてもよく当てはまっていると感じました。

色と性格は密接に関係があることを改めて学ぶことができました。

・生徒の選ぶ色が固定されているので一人一人の特徴やクラス内でのポジションなど色から見えてくるのかなぁと思い参加させていただきました。

それぞれの色を選ぶ子どもの心の奥の奥の部分を除けたような気がして「なるほど~」「そうだあったのか~」と納得と発見の連続でした。

赤が好きな生徒とのかかわり方のヒントをいただけました。ためしてみます!とても勉強になる講座でした。

・無意識のうちに選んでいる色でその子の特徴(行動や性格等)がかなり当てはまっていたのでとても驚きました。色を選べない生徒については2学期にしっかり観察してみようと思います。

・選んだ色の意味、求めている色の意味、今日のお話を参考に生徒に寄り添うことができるよう考えてみたいと思います。無意識なのか、意識的なのか・・・神秘的な部分があるが色のもたらす効果で少しでも気持ちが楽になったり、居心地よいと思えたりするものになればよい支援につながると思うため、配色に気を配るようにしていきたいと思います。

自分自身の理解のためにも聞いてよかったと思いました。

 

 

2017年08月27日

光市立島田小学校 健康教育講習会

IMG_20170801_112649

7月27日(木)、光の島田小学校に行かせていただきました。

 

「色」と「心」と「身体」はつながっている

ということで、「色」であらわれる心身のことや

パーソナリティを体験していただければと思いこの講習会を提案しています。

 

今回は13名の先生方に参加いただきました。

夏休み中の暑い中、ありがとうございました。

 

1時間という時間では駆け足になってしまったかなという印象もありますが、

先生方の選ばれた色はさまざまでバラエティ豊かでした。

お一人お一人の色を解説しつくすことはできませんでしたが、

助け合ったり、尊重し合ったり、補い合ったり、

カラフルなパレットのような職員室を想像しました(*^^*)

 

校長先生が「自分の選んだ色以外の色のことも、全部自分にあてはまる」とおっしゃっていました。

実はわたしたちはすべての色の感覚を体験的、経験的に知っています。

そして惹かれる「色」は「選んだ人自身そのもの」ということができるでしょう。

 

色をひもといていくことで、意識に上がっていない本当の自分の可能性にアプローチすることが可能です。

調子のよいときはもっともっと自分自身の色を使うといいですし、

調子の出ないときは自分自身の色を使えていない可能性があるのです。

自分自身の色を発揮できることは、思う存分自分自身を生きられているということ。

つまりリラックスできているということです。

けれど実際は難しいですよね💦

 

自分自身の選んだ色と向き合うことは、本来の自分自身の姿(心地よいリラックスしている自分自身)

を思い出すのに役立ちます。

メンタルヘルスとして「色」をお奨めするのはこういうことからなのです。

 

「自分自身で色を選ぶ」→「自分自身の色をみる」=「自分自身を見る」

という体験をしてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

≪先生方から頂いた感想の声≫

・このようなメンタルヘルスは初めてでした。何を言われても外れていない気持ちになっているのが面白く皆で楽しむことができました。

・自分の惹かれる色が少し変わったのにびっくりしました。(ピンクといわれてなおさら)

自分を見つめなおすいい機会になりました。ありがとうございました。

そしてストレスを軽減できるよう今日のお話を」参考にしていきたいと思います。

・これまで気づかなかった「自分」に気づくことができました。

自分を見つめるいい機会になりました。

・自分の中に潜んでいる思いが見えて、興味深かったです。島田省の先生方がお互いに補い合いながら、バランスが取れているといわれ納得しました。

・楽しくお話を聞くことができました。ありがとうございました。

・とても楽しい研修でした。自分の良いところを生かし、ほかの人と協力し合いながらお互いに補い合える関係作りができたらいいと思いました。

・自分を見つめる機会となりました。楽しかったです。

また島田小の職員は程よくカラーが分かれていたのでバランスのよい職場なのだと納得しました。(とても雰囲気のいい職場なので)

・職場の人たちがどのような色を好みそれぞれの関係性についてお話を聞くことができて楽しかったです。私自身は赤でしたが、どうして赤が足と関係するのかという根拠が知れるとありがたかったです。

・自分らしさや自分の良さを言語化していただいて嬉しい気持ちになりました。

お互いに良いところを発揮し、補い合いながら前向きに生きていこうという気持ちが持てました。

 

 

 

 

2017年07月30日

佐山保育園子育て支援

55febd31bb2

9月27日秋雨の午前、佐山保育園子育て支援主宰で講習会をさせていただきました。

未就園児のお母さん6名の参加でした。

 

お子様は保育士の先生が見てくださるとはいえ、お母さんが恋しい子どもたち(*^^*)

お母さんのそばにくっついたり離れたりの中、メモを取るお母さんの姿がとても印象的でした。

 

まずはお母さん自身が健康でないと!

との思いからオーラソーマボトル持参でそれぞれに1本選んでいただき、紐解いていこうと思っていたのですが、私も経験していますがなかなか自分自身の事に集中するのは難しく(笑)

 

一番盛り上がったのは終了後でした。

それぞれお母さんたちから質問が次々と飛び出しました。

「色」について日常から疑問に思うことや気づきはそれぞれにあったようで…。

 

例えばお子さんの描いた絵。

一色で描かれた絵についてその色の意味が知りたいとのこと。

子どもなのでいろいろ試しているのでしょうが、複数の色のクレヨンからその子は1色を選ぶので心理が働いている可能性はあります。その色について解説を交えて楽しく話したりしました。

 

子どもはなかなか言葉で表現することがうまくできません。

もちろん私たちもです。

 

そんな時、「色」は本当の声の可能性があります。

 

きれいな色彩に心が動かされるように・・・

「色」は子どもと共に、心と心でコミニュケーションをとれるツールになることを伝えていければ

と思っています。

2016年10月24日

8月5日 防府総合支援学校 職員研修

P4

夏休み期間中の学校の職員の研修に呼んでいただきました。

1人1人個性を持つ生徒さんに関わる先生方に

「色」と心の関係を体験していただこうと企画した内容にしました。

20名の方に参加いただきました。

90分の研修時間でしたが、最後は時間が足らないくらいでした。

 

以下、参加された方の感想です。

 

・大変興味深かった。自分の姿を自分で分析することが初めてだったので不思議な気分もしたが、落ち着いた気持ちで色を選ぶことで自分自身の内面に気づくことができるのがとても面白かった。クラスの子ども達やわが子にも好きな色があるのでどのような気持ちがあるのか分析してみるのもおもしろそうだと思った。

・時間配分が前半に行ってしまい残念でした。個別に対応してほしかったので人数が多すぎたと思います。機会を作ってお話を聞きたいです。

・好きな色と心惹かれる色、気になる色とうとう、問い方によって目に留まる色は違っていました。いくつか気になる色があり、そこから選ぶのは難しかったのですが「これは違う」とか「どうでもいい」という色ははっきりとわかりました(笑)色によって自分自身の心身の状態に気づくという体験をさせていただき、これは生徒(他人)の心身の状態を知る手掛かりになると思いました。人間の身体と色との関係は不思議ですが確かにあると感じます。相手(生徒)や状況に合わせて服や環境の色を変えたり人にどう見てほしいかによって色を変えてみたり、色を意識することで人とのかかわりや自分の心も変化していきそうです。このたびのワークショップをきっかけに色の勉強をして、自分自身や他人との関わりを知る手掛かりができたらいいなと思いました。ご指導ありがとうございました。

・センセーションカラーセラピーでは色と体の関係を詳しく知り、「当てはまる!」ということが多くて驚きでした。直感ってすごい…と思いました。オーラソーマでは「こうありたい」自分の姿を映し出しているといわれこれまた納得でした!!色の不思議な世界に引き込まれてあっという間に時間が過ぎていました。なんだか心がすっきりしたような気がします。ありがとうございました。

・大変楽しく、学ばさせていただきました。色と人とのかかわりって深いものがあることを知りました。

・日々、何気なく選んでいる色に潜在意識があると思いもよらず、楽しく半分ドキドキしながらお話を聞かせていただきました。身近なものとはいいつつも知らないことばかりの色。今日はさわりだけでも聞くことができて、少し考えることができました。

・「カラーセラピー」というものがある(流行している)と聞いてはいましたが、自分の生活には程遠いと思っていました。しかしお話を聞く機会をいただき、カラーセラピーの深さがわかりました。でも今回は導入に過ぎないのですよね。自分の過去・現在・未来しかも自分の気づかないことがわかる色に感動しました。物腰の柔らかい語りかける先生の口調も勉強になりました。ありがとうございました。

・久しぶりに、というか今まであまり感じたことのない開放感がありました。多くのボトルを眺めていると印刷されたものとは違う透明感に心が楽になっていくような気持ちがありました。目標はあっても責任のないあのころ(80’s)の自分がよみがえり、現在とは違うエネルギーのようなものを思い出しました。

・良い香りの空間で束の間の癒しの気分を味わうことができました。カラフルなオイル入りのボトルを眺めるだけでもかなり癒されました。色の説明もしていただいて興味深い時間が過ごせました。オーラソーマの2~4本目も選んでみたかったです。

・自分が選んだ色と人の性格が関係していると知って驚き、とても分かりやすいお話でした。今回は1本のカラーボトルのみで本来の自分を見つけられたので、その後どのようにしてそのような姿になれるのか知りたかったです。とても勉強になりました。ありがとうございました。

・香りと先生の笑顔に癒されました。

 

2016年08月30日

活動報告

2015年★健康教育講習会活動報告

7月24日  

山陽小野田市津布田小学校へ行かせていただきました
海のそばにある3階からは関門橋も臨めるさわやかな空気の学校でした。

参加してくださった先生方は総勢9名。

こじんまりとした人数でしたので、113本の色ボトルを各自で選んでいただき、

選んだ色を通して、自分を感じるワークをやりました。

また各自の色の関係でチームのカラーも見えてきましたよ(p_-)

おせわになりました。

以下いただいた感想です。

・自分では気づいていなかった自分を知ることができた気がします。困難にぶつかった時に教えてくれる色も知ることができました。職場の関係性も分かり興味深かったです。これから子どもたちに関わっていくうえで大切にしていきたいと思います。

・色のことをお訊ねするとスラスラ説明されていたのでよく勉強されているのだな~と感心しました。職場の人間関係なども傾向が分かって面白かったです。

・色を通して本来の自分や望んでいることがうかがえること、色のみならず香り等で心に影響を与えられること等楽しく学ぶことができました。職場の人間関係も色の組み合わせで見ているのも楽しかったです。有難うございました。

・色のことについて大変よどみなくスラスラと語られるのに感心しました。あまり色について考えたことはありませんでしたが、とてもリラックスできた2時間でした。ありがとうございました。

・色のセラピーを受けてとても楽しかったです。研修という名のものでしたが、リラックスして受けることができた初めてのものでした。日によってカラーは違うのでしょうが、日々自分がリラックスして自分を出しながら仕事や生活ができたら幸せだなと感じました。ありがとうございました。

・自分を色で知ることができました。今まで言われてきたことが色でも証明されました。色の奥深さ、美しさを感じるとともに、色によってこんなに多くのことが分かるのかと感心しました。メンタルヘルス、学級崩壊と色の助けを求めることが多くなってくると思います。

・色の効果には以前から関心がありましたが、今日はそのもっと奥深い心理に迫る研修ができ本当に勉強になりました。礒部先生もセラピストとして大変良い印象を受けました。これからも頑張ってください。

・大変勉強になりました。(笑いあり・・・(^_^))時間があれば2,3番目のボトルも選びたかったです。火によって気になる色が違うので色の心理一覧みたいなのを最後に頂けたらますます今後に活かせると思います。











8月6日  

周防大島地区夏季研修会  に行かせていただきました

真夏!!という太陽が照りつける眩しい日、

美しい瀬戸内海に囲まれた周防大島に行ってきました。

大島地区の大島中学校、沖浦小学校、三蒲小学校、明新小学校の3校が集まられての夏季研修会。

全39人の参加をいただいての開催でした。

まずはそれぞれ個人の色を見ていただきたく、オーラソーマのボトルを各自で選んでいただきました。

どの色も魅力はありますが、とてもターコイズの方が多いのが印象的でした。

ターコイズは「イルカ」を象徴する色。遊び心が魅力です。

そんな先生がたくさんいる学校ですから、ワクワクすることもたくさんあることでしょう。

お世話になりました。

以下、いただいた感想です。



・オーラソーマを初めてやりましたが、自分の知らない部分がみれて良かったです。自分の弱い部分は特に気を付けようと思います。

・自分自身のこと、また色と人との関係を知ることができ、大変勉強になりました。

・自分や周りの先生方を知り、リラックスした時を過ごせました。子どもを知り、寄りそうツールとして、もっといろいろ学べたらと思いました。

・こんなセラピーがあるということを知れてよかったです。4色選んでみたいと思った。

 



11月4日(水)  周南市立夜市小学校に行かせていただきました。

夜市小学校ボトル
児童たちが一斉下校後という先生方は勤務を終えられてからの講習会でした。

女性の先生方9人にお集まりいただいての開催です。

オーラソーマのボトルセットを広げていると女性らしい「癒される~」といった声。

みなさん一人一人に選んでいただいたボトルが写真の通りです。

ピンクを選ぶ方がとても多く、全く同じものを選んだ方もおられましたよ(^^♪

以下いただいた感想です。

・色について、自分の体のことと合わせて考えたことはありませんでした。何となく感じていたくらいでした。今後は自分の心と身体の状態と色の関係を興味深く考えてみたいと思いました。

・自分の色を選び、色言語の話を聞き、とても楽しく興味深い時間でした。カラーセラピーは初めてでしたが、2本目以降はどうなるか知りたくなりました。ありがとうございました。

・本当の自分の姿は見失いがちですが、色で見つけることができました。忙しい毎日ですが、くつろぐことを忘れず、ありのままの自分の姿を持ち続けたいと思いました。

・自分の色を眺めていると心がだんだん落ち着いてくるように思いました。日頃色を意識して過ごすことがないので、今日は新鮮でした。

・落ち着いた心で自分の内面を見つめることができました。ボトルを持って帰りたいくらい気に入りました。

・新たな視点で自分を見つめ返すことができ、本当の自分というものが分かったような気がした。ありのままでいることがリラックスするポイントなので、部屋のインテリアに取り入れたい。

・笑って

すっきりしました。落ち着いた音楽の中ゆったりしました。自分の芯層を言われくすぐったい思いでしたがいい気もしました。もっとゆっくり時間があってもいいと思いました。

・色の説明を聞いてちょっとびっくりしました。潜在意識の色を教えていただきドキドキしました。

・それぞれの色に意味があり、人の本質を見出すことができると知り驚きました。これから今までの枠を外していろんなことにチャレンジしたいと思いました。

2016年08月30日