リンク
学校周辺の天気予報
山口県教育委員会
美  祢  市
美祢市 学校・教育
美 東 中 学 校
綾 木 小 学 校
大田小学校
赤郷小学校
 
  
2年生
 
4年生
 
6年生
 

1年生
 
3年生
 
5年生
この日のために、子どもたちは、5分間走や体育の授業の時間に、一生懸命練習を重ねてきました。その結果、低学年1000m、中学年2000m、高学年3000mの長距離を真剣に走り抜きました。
長距離走を通して、子どもたちは、目標に向かって、つらいことも頑張り抜く気持ちや、よりよい運動習慣を育ててきています。子どもたちの努力とお互いに認め合いながら応援している姿に大きな拍手を送りたい思います。
当日の運営にご協力をいただいたPTA保体部のみなさま、あたたかい応援をしてくださった保護者や地域のみなさま、ありがとうございました。
車椅子・高齢者疑似体験 平成30年12月4日(火)
4年生が総合的な学習時間に、美祢市社会福祉協議会の方々にご指導いただき、車いす・高齢者疑似体験を行いました。
4年生は、2学期の総合的な学習の一環として、目の不自由な方のお話を伺ったり、「ひとみの会」の方々のご指導による点字体験をしたりするなど、福祉に関する学習をしています。
今回は、車椅子の介助の仕方を学ぶグループ、高齢者の身体の様子を理解するための装具を着け行動するグループの2つのグループに分かれて学習しました。
今後、「学んだことを生かし、自分のできることをしていきたい」という思いをもちました。
 
1・2年生が真長田保育園の年長さんを招待し、秋祭りを開きました。
年長さんに楽しんでもらいたいと「どろぼう学校」の劇、さかなつり・迷路・ボーリング・ブラックボックスの4つのコーナーを準備しました。年長さんは大変よい態度で劇を見た後、子どもたちお手製のゲームにうれしそうに参加していました。
1・2年生も、分かりやすくゲームの説明をするなど、楽しく秋祭りを運営することができ、満足そうな表情でした。
平成30年11月29日(木)
 
給食委員会 保育園訪問 平成30年11月22日(木)
給食委員会の子どもたちが、11月の児童朝会で紹介した手洗い方法を保育園児に伝えるために、真長田保育園を訪問しました。
保育園児たちは、説明を静かに聞き、上手に手洗いの練習をすることができました。
風邪やインフルエンザを予防するために、今回の指導が役立つとうれしいです。
 
食育指導
平成30年11月20日(火)
秋吉小 栄養士 中島絢子先生にご来校いただき、3年生が食育指導を受けました。
本日の献立は、「牛乳、麦ごはん、ニジマスのからあげ、けんちんじる、ごまじゃこあえ、のりのつくだに」です。 昨日、社会見学で弁天池のニジマスの養殖を見せていただいた3年生は、大喜びでいただきました。
今回は、中島先生から「けんちょう」を中心とした「山口県の郷土料理」についてお話を伺いました。「けんちょう」には、豆腐と大根を使うことが基本である事、味付けは、しょうゆ、さとう、みりん、酒であることを教えていただきました。
家庭でいただいた子どもも多く、使われている材料は、家庭により少し違うようです。
山口の郷土料理について、印象深く学ぶことができました。
 
 
今月のテーマは、読書の秋にちなみ、「読んでみませんか?」です。
子どもたちは、「こわいけれど、おもしろい本」「大好きな猫が登場する本」など、お気に入りの本とその理由を詳しく紹介することができました。「例えば・・・」と本の中から具体的な話を伝える子どももあり、聞き応えのある楽しい発表の時間となりました。聞いている子どもたちも、「ぼくも○○の本を読んでみたいと思いました。」「はっきりとした声で良く聞こえました。」と多くの気付きを伝えることができました。
後半は、委員会からのお知らせでした。図書委員会からは、図書室の使い方に関するお知らせ、図書クイズがありました。
給食健康委員会からは、風邪やインフルエンザ予防のための手洗い方法の紹介がありました。
委員会からのお知らせを通して、よりよい学校生活が創られていきます。
 
避難訓練(火災)を行いました。今回は、子どもたちが「自分で判断し、行動する力を高める」ことをねらい、事前の予告なしに、中間休み時間に行いました。
子どもたちは、普段から避難時に留意することとして学んでいる「おさない・はしらない・しゃべらない・もどらない」を守り、素早く行動することができました。
ご指導いただいた美祢消防署、美祢警察署の方々からも、「落ち着いて行動できました」とお褒めの言葉をいただきました。避難後、消火器の使い方を6年生が体験しました。黄色の栓を抜き、ホースを外し、レバーを握る。6年生はこの行動を的確に行うことができました。
一瞬にして多くの大切なものを奪う恐ろしい火災。いざというとき、落ち着いて行動できるよう努めます。
今月のお話は、矢田主事による「私のふるさと 角島」でした。
小学生のころの思い出、角島のすばらしい場所、大人気のわかめソフトクリームなどについて、スクリーンに映った写真とともに、話されました。 子どもたちは、写真をみつめ、集中して話を聞きました。矢田主事の「自分のふるさとを大切にしてほしい!」という思いが伝わったと思います。

その後、生徒指導主任 谷教諭から、「いじめ防止月間」であった10月の生活に関する振り返りと、11月のめあて「寒さに打ち勝ち、外で遊ぼう」につて話がありました。子どもたちは月・水・金の中間時間に5分間走を行っており、持久走大会に向け、黙々と走っています。
最後に、掲示歌声委員会による指揮・伴奏のもと、「もみじ」を歌いました。校庭の木々からも、秋の深まりを感じます。
平成30年11月1日(木)
 
真長田天磐戸神楽舞奉納
真長田八幡宮において、6年生が天磐戸神楽を奉納しました。 平成30年10月28日(日) 
 
この日のために、保存会の方々に総合的な学習の時間に丁寧に教えていただきながら、練習を重ねてきました。
当日は練習の成果を発揮することができました。また、学習の目的であった「地域の伝統文化を学ぶ」ことも、達成できたと思います。この学習を通して、地域の文化と、地域の方々のすばらしさにも接することができました。ありがとうございました。 
 
 
人権教育・人権教育講演会を行いました。 参観授業は、各学年の子どもたちが真剣に学習する様子を多くの保護者の方々に参観いただきました。 平成30年10月19日(金)
人権教育参観日
人権教育講演会
人権教育後援会は、公民館と共催で行いました。講師は、防府市在住 山根和子様です。
山根様は、現在「グループサポートやまぐち」の代表、「生命のメッセージ展」事務局をされ、全国各地で公演活動をされています。
今回は、「ひととのつながり」と題して、「大切な人との関りを大事にしてほしい。」「悩みがあれば、必ず自分の近くの大人の人に相談してほしい!」「私たちの出会いには、無駄なものは何もない。」「相手の状況で言葉にしにくい状況のときは、何も語らず、寄り添う。」など、小学生、保護者、地域の方々、教職員と幅広い参加者に向け、多くのあたたかいメッセージを伝えられました。
様々なことに出会ったとき、山根様の笑顔といただいた言葉を思い出し、次の一歩を歩き出したいと思います。
綾木小学校との合同体育祭が行われました 平成30年10月11日(木)

祢市体育祭が雨のため行われなかったので、綾木小学校との合同体育祭を5・6年生が行いました。
種目は100m走、1000m走、400mリレーを行いました。
子どもたちは、一つ一つの種目に真剣に取り組み、自分の力を出し切ることができました。
目標に向かって努力する姿に、大きな拍手を送りたいと思います。
ご多用の中、応援していただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。
 全校朝会  平成30年10月11日(木)
今月の全校朝会は、吉岡教諭と谷教諭のお話、今月の歌の内容でした。
吉岡教諭からは、くすのき学級についてのお話を通して「お互いのことを理解して、気持ちよく生活できるようにしていきましょう」というメッセージが伝えられました。
谷教諭からは、今月の生活目標「友達に『思いやり』を届けよう」に関する話と、2学期から始まる美東チャレンジ「走ろうオリンピック」について、説明を聞きました。
今月の歌は、ふれあい集会でも歌い、地域の方々に喜んでいただいた「ふるさと」です。
お互いの気持ちの大切さを考える時間となりました。
普段から大変お世話になっている地域の方々をお招きし、ふれあい集会・ふれあい給食を行いました。
まず、音楽の時間に練習した合奏(1~3年)と美祢市小学校音楽祭に向けて取り組んでいる合唱(4~6年)を聞いていただきました。その後、ふれあいタイムとして質問をしたり、かたたたきゲームをしたりしました。最後は、一緒に、「ふるさと」を歌いました。
ふれあい給食は、ランチルームで、各学年に入っていただき、一緒に給食をいただきました。
地域の方々に、「みなさんに会うことを楽しみにきました」とお話をいただき、子どもたちも、とてもうれしい気持ちになったと思います。来年も、また、ご来校いただけることを楽しみにしています。
スリッパ ビシッと大作戦(続)
スリッパ ビシッと大作戦を開始し、1週間が過ぎました。
トイレの入り口には、その日の当番学年が一目で分かる掲示があります。これは、給食健康委員会の5年生児童が家で作ってきてくれました。保護者の方も、お手伝いしていただいたと聞きました。学校での取り組みが、家庭で話題になることも、とてもうれしことです。
みんなの気持ちが少しずつ揃い、点検の〇が付く日が増えてきています。
   
 
平成30年度ニュース前半へ 引き続きご覧ください