日本刀の歴史

上古期-日本刀の初期の形態は直刀である。この期は文化の程度が大陸におくれ、政治形態から科学技術に至るまで大陸の影響を強くうけていた時代であるから、刀剣においてもその例外ではなく、大陸製のものに遠く及ばなかった。推古天皇が蘇我氏をたたえた御製の中に(馬ならば日向の駒、太刀ならば呉のまさび)とあるように、名刀の多くは中国大陸から輸入されたことがわかる。
また刀剣が輸入されると同時に鍛冶者も多く大陸から移住帰化して鍛錬技術指導伝授したといわれる。                                          
平安期-直刀から弯刀(反りのある刀)への移行の時期は明白ではないが、現存する作刀から推して平安中期以降とみられる。変化の理由は何によるものか簡単には決めにくいが、この期はちょうど武家の成長期と時を同じくしている。
この期の社会機構の変革の要因は、戦闘方法にも大いに関連するものである。それまでの徒士戦が騎馬戦に変わると共に、弓矢と太刀で戦う格闘戦においては本質的に個人戦が主態をなした。
また当時の武士は戦いに用いる武具も兵糧も自己負担であり、太刀、甲冑、弓矢から馬具に至るまで、個人的に職人に注文したものである。したがってこれからの武器が各々非常に個性的であることも注目される。
この期に完成をみた日本刀(弯刀)の様式は、物を切る場合に直刀よりも弯刀の方が衝撃が少なく実用的に優れいることが確認されたものである。それと同時に作刀技術の進歩もみのがすことはできない。刀剣に反りをつけることは一見簡単な技術にみえるが、刃寄りの薄い方を張らせ棟の厚い方へ反らせることは技術的にはむずかしい仕事である。したがって弯刀は馬上から断ち切る戦闘から必然的に生まれたというだけではなく、鉄生産及び鍛錬技術の進歩に負うところが多い。
鎌倉初期-この時代の刀剣は、まだ前時代の作風が継承されて腰に踏張りのある古雅なものであったが、豪壮なものが現われていることは見逃せない。
なおこの期に特筆すべきは後鳥羽院番鍛冶である。後鳥羽上皇は北条氏が執権としてなおも武家政治を続けるのを憤り、北面の武士と公家・社寺の荘官・神人を動員して討伐を計画した。これが承久の変であるが、上皇は味方の士気を鼓舞するために、全国から名工を召し出して、月番を定めて鍛刀させた。これが御番鍛冶である、これらの作を公家はじめ西面・北面の武士にあたえた、また上皇自らも(さい刃)を施し御所焼と称され、この作には茎に菊花紋を毛彫りしたところから菊御作とも称されている。
鎌倉中期-武家支配の社会が名実ともに確立した鎌倉中期には、鍛刀界も武士全盛の影響を受けて最も華やかに展開していった。
太刀は身幅が広く平肉がついて、先幅もあまり細らず、重ねの厚い頑丈な体配で、鋒は中鋒が詰まって猪首切先となり豪壮さを示したものが多い。刃文には、備前・山城に顕著な華麗な丁子乱れが盛んに流行した。
鎌倉末期-この期の刀剣は元寇が与えた教訓を生かし豪壮さがさらに強調され、太刀は身幅が広く元幅と先幅の差の少ないもので次第に切先の延びたものとなっていった、名刀(正宗)が活躍した時代でもある。
南北朝期-刀剣は元寇以降とくに豪壮頑健さを増し、この期にはそれが最大限に誇張されるに至った。
中には物々しい(いかつさ)と野卑性とをおびたものが出現した。即ち三尺に余る太刀(負太刀・野太刀)で、これらは時によってはもとの方を縄などで巻き長巻のかわりに使用した物である。
この期の刀剣には南朝年号を切ったものと北朝年号を切ったものとがある。
室町前期-南北朝の豪壮な大太刀はすたれ、鎌倉期の作に近い復古的な体配の太刀がみられた。しかし一方では前時代から現われはじめた打刀が漸時隆盛をきわめていったため、太刀は次第にすたれていった。打刀出現の要因は戦闘が騎射戦から徒歩戦へ、そして集団戦になり同時に山岳戦や奇襲戦法が現れたことにある。又、脇差(30センチ以上60センチ未満)の物が造られ始めたのもこの時代からである。
室町後期-戦乱につぐ戦乱は刀剣の需要を極度に増大させたと同時に、質的にはその価値を低下させ、粗製濫造の刀剣が出まわった。また、対明貿易の重要な輸出品として生産された刀剣は最低10万口は下らないと推定され、粗悪刀の製作を増進させた。これらの粗製濫造刀は束刀とか数打ものとか称され何本か束にして売買されたものである。これに対し、注文による作を注文打と言っている
この期の刀鍛冶は既製品の束刀などを作ったと同時に一方では渡り職人として各地の戦国大名や豪族のもとを渡り歩いて鍛刀したものが多かった。
刀剣も太刀座・刀の座などと呼ばれ市座がなされた。このようにして刀剣も商品生産の要素を増大していった。妖刀と言われた(村正)はこの時代の刀工である。
桃山期-豊臣秀吉は天正13年(1585)高野山の刀狩りに始まり、天正16年(1588)全国に刀狩り令を発した。この刀狩りは刀剣製作に新風をそそぎ、今までに量産されていた数打物はしだいに影をひそめ、やがて新刀期を迎えるに至った。すなわち天正頃までの作刀はまだ戦国の打刀様式をみせ、地がね・刃文ともに室町期共通の作風を示しているのに対し、刀狩りの後、すなわち慶長(1596)以降の作は鎌倉・南北朝期の古名刀を模範とした豪壮な作風へと変化している。
江戸期-刀剣は慶長を境としてそれ以降のものを(新刀)と呼称する。これは単に新しい刀の意味ではなく、作風及び製作の諸条件が前時代のものとは大きく変化している。この新刀発生の条件としては
(1)新勢力である大名の城下町に刀鍛冶が定住して製作するようになった。これは前時代の鉄資材の生産地と直結したり、豪族または社寺などの間を渡りあるいて製作した刀工たちと異なる。
(2)交通の発達と商業の発展により、鉄資材は生産地より半製品として全国へ送られた。そのため刀剣の地がねに地方色がなくなった。
(3)長い間の戦乱で機能だけの粗悪品が濫造され、古来の鍛法が忘れられ、さらに新しい鉄生産の方法により材質に変化がみられる。また桃山時代という時代思潮と為政者の嗜好が文化に大きな影響を与え、地がね・刃文にその時代色が顕著にみられる。
(4)戦闘方法は特に鉄砲の伝来によって大きく変化し、全国統一に伴う剣道の急速な発達は、刀剣の性格を片手打ちの先反りが強く寸法の短い打刀から、寸法のやや延びた反りの浅い新刀姿へとかえていった。
(5)オランダ・ポルトガルなどとの通商によって外国から鍛錬技術、南蛮鉄が輸入されると、刀剣にもこれが多く用いられた。
このような社会機構の変革によって刀剣に新刀が出現するのである。
新刀期は大別して三つに区分される。はじめは慶長(1596年)から寛永末(1624年)ごろまでの慶長新刀と呼ばれる時期であり、次は寛文(1661年)・延宝(1680年)を頂点とする寛文新刀であり、最後には新々刀と呼ばれる天明(1781年)・寛政(1800年)ごろより後の幕末期である。

「文庫本 刀剣より抜粋」