ライン

山口ラグビースクールとは

目的
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」のラグビー精神をもとに、ラグビーを通して強健な心身をもつたくましい防長っ子の育成を目標に、山口県ラグビーフットボール協会が設立しました。山口の設立は昭和56年ですが、平成22年現在では県内8スクール(山口、長門、下関、周南、宇部・小野田、萩、岩国、防府)が活動しています。
(簡単に言うと、山口ラグビースクールに来ると、スポーツ好きの子供になりますよ というものです。) 
卒業生の中には、高校ラグビー部の主将を務めた子供もいますが、ラグビー以外のサッカー、バスケットボール、陸上、野球、卓球など様々なスポーツも楽しんでいます。

練習
山口高校など(維新公園は借用できません)
練習日
土曜日 14:30〜17:30 
日曜日 14:00〜16:30 
 (冬休み、春休みを除く) 雨天も練習します。
試合
県内交流試合を中心に年間5〜6試合行います。必ず全員が出場します。
いろいろな技能を体験するため、ポジションは固定しません。
指導者
主としてスタートコーチ等、山口県ラグビーフットボール協会主催の講習会を受講したコーチが指導します。
安全対策
ラグビーの経験がない指導者もいますが、安全には十分留意しており、もしもの時にはスポーツ安全保険にて対応します。
会費
入会金:3,000円 年会費:7,000円。ユニフォーム、合宿の参加費等は別途。
連絡先
 中村祥史 または 溝部信二 (メールは↓)
トップへ戻る