年寄の戯言

時々文章訂正しています。
誤字脱字があるもんでね!



11    古きをあたためる?
 言葉は、難しい。某民放で、”ふるきをあたためてあたらしきをしる”と女性アナが言っていた。それって、温故知新のことでしょ。だったら、”あたためて”じゃなくって”たずねて”でしょ。
 そういえば、あるある、高尚な話をしていて、”〜のなのこりが、云々”。待ってよそれ”なごり”でしょ。名残と書くんだけど...。というようなことが。
 笑い話みたいなことがあった。
 ”おれ、くそぎり(糞切り)が悪い性格なんだ”と、まじめな顔の友人。話の前後からするとどうも”踏ん切り”の事のようだが、笑うわけにもいかず...。”そんなこと無いよ”と、いい加減な返事をしたものだ。
 よく考えると、そうか!
 踏ん切り(ふんぎり)→糞切り(ふんぎり)→くそぎり、と、現在活用(?)していったものだ!?大納得。
 汚い話題ですみませんでした。
 でも、”温”を”たずねる”と読むのは誰が決めたの?
更新日時
 
H17年3月10日(木)

12    モラルが無いと
 堤帝国が崩壊しようとしている。マスメディアで、企業のモラルの重要性が叫ばれ始めて何年たったであろうか?企業だけではない、個人もそうだ。だが、なかなか生身の人間のやること、理屈通りいかぬと、”自分にやさしく、他人にきつく”と、支離滅裂の人生まっしぐら。
 しかし、どうだろう、こんなに情報が筒抜け(良い意味で)の時代、モラルの無い企業は生き残れないと思う。
 フェアであること、これが、生き延びる道、下手したら、早死に?と、支離滅裂で今日は終わりにします。
 みんなで、よーく考えよう。
 
 
更新日時
 
H17年3月9日(水)

13    気になる言葉
 NHKの、とある番組で、”気になる言葉”なるコーナがあり、なるほど、と思うことが多く、自分の過去の言葉使いに冷や汗たらりと言うこともある。
 以前からの、私の気になっている言葉を上げてみよう。
 
                          誤
機械が誤作動した。           機械が誤動作した。
定数(ていすう)変更する。        定数(じょうすう)変更する。
代替品(だいたいひん)を提案する。  代替品(だいがえひん)を提案する。
 
 ”だいがえひん”は、徐々に認知されてきた表現かなと思うが、なんか、まだ違和感があるし、 ”だいがえ”なんて、どこかの組長の交代みたいでイヤだなぁ。
 機械の作動、誤作動については、マニュアル等では、半分ぐらい、間違って使われているようだ。定数についても、代替と同様に、発音しないと、解らない。発音については、シミュレーションもそうだ。よく耳にする間違いは、シュミレーションだ。綴りは、simulationになるのだが。
 しかし、かく言う小生も、完成図書に”○○回路の、K5のリレーが動作し・・・”などと、平気で記述していたのだ。
 こんな事をいうのも、年寄りの戯言としてお許しあれ。
 
 
 
更新日時
 
H17年3月1日(火)

14    ”方言について考える”の心だぁ〜(その1)
 その1、だから、その2も、多分ある。
 
 山口の方言ちょって”について考察する。広島も似ている。
 例)”見る”についての、標準語と山口弁の比較は、次の通り。
   見る、見た・・・・・・・・・・・・・・・見る、見た
   見ている、見ていた・・・・・・・・見ちょる、見ちょった
   ご覧になっている・・・・・・・・・・見ちょって
 都会っ子達の言葉は、”先生が見ている”、”父ちゃんが言った”、と、敬語の欠片もない。まさか、”先生が、見ていらっしゃる”と言え!、なんて言えないし。ここんところが、標準語の無理なところですよね。
 ところが、”先生が、見ちょって”というような言葉、山口では、幼児から大人まで、使っているのだ。方言がすたると敬語がすたるのじゃないかと思う。敬語がすたると、ぎすぎすしてくる。方言を、胸張って使いたい。
 良い言葉だと思う、”ちょって”。
 ところで、”あなた、いま、何しちょって?
 鳥取で聞いた言葉、
 ”あっさぁ〜ん。なにしとんなさるだぁ?”、”おじさん、何していらっしゃいますか?”の意味だと思う。
 
 方言について、投稿待ってます!
 それと、先生も尊敬されるようにならなければね!
 
 
 
更新日時
 
H17年2月27日(日)

15    風邪対策
 もうすぐ暖かくなる。それでも、私の風邪対策をお知らせしょう。まだ役立つし、次のシーズンには、役立つはずだ。
 ”私の”と言うと、説得力が無いのだが、司馬遼太郎の風邪対策なのだ。なら、有るでしょ。
 司馬遼太郎は、”カウボーイは、荒野の乾燥した大地で、野宿したりの生活を送り、よく風邪を引かないものだ”と、不思議に思ったそうだ。ある日、カウボーイの映像を見て、首に巻いたスカーフが目に付いた。最初は、飾りと思っていたそうだが、それが違うことに気が付いた。皆着けているからだ。
 で、試してみると、これがよい。暖かい。以来、風邪をひかなくなったそうだ。
 私は、スカーフなんて気の利いた物が無いので、寝るときに、タオルを首に巻くことにしている。この5年間、風邪をひかなくなった。夜中に首を絞められないように注意しながらね。
更新日時
 
H17年2月26日(土)


前頁目次次頁

ホーム 自己紹介 奮闘記 JAZZへの愛着 年寄の戯言 リンク集、投稿 一期庵写真集 見聞録