毛利博物館


新着情報 詳細
特別展「国宝」開催中です!!
更新日:2023年11月14日(火)
長く続いた暑い季節もようやく終わりを迎え、秋の空気は足早に近づいているようです。
庭園の紅葉も色づく季節、毛利博物館では恒例の特別展「国宝」を開催しています。

今年も雪舟が描いた最高傑作「四季山水図(山水長巻)」を始め、毛利家の誇る国宝や重要文化財など、美術的にも歴史的にもよく知られた品々を一挙に公開しています。
16メートルの長大な画巻を一度見ることができるのは当館だけです。
そのほか、毛利家伝来の短刀として古来著名な「菊造腰刀(きくづくりのこしがたな)」、かな書道の最高峰に位置づけられている「古今和歌集」巻第八(高野切本)、大江氏の秘本とされている「史記」(いずれも国宝)もあわせて公開しています。

また、毛利元就が13代足利義輝から拜領した「錦直垂(にしきのひたたれ)」、大内氏から引き継いだ「日本国王之印」、関ヶ原合戦の帰趨を決めたとされる「井伊直政・本多忠勝連署起請文」など(いずれも重要文化財)、歴史的にもよく知られた品々も公開しています。

教科書やドラマでもおなじみの、名だたる名品をご覧いただけるのは今だけ!!
ぜひこの機会を逃さずご鑑賞ください。12月4日(月)まで開催しています。
毛利氏庭園では紅葉の見頃が近づいています。ぜひあわせてご鑑賞ください。
←前の情報を表示 | 次の情報を表示→