向島小学校コミュニティ・スクール
  今年度の活動の様子

        環境支援プロジェクト
      ・学習支援プロジェクト
      ・生活支援プロジェクト

        ・その他
 コミュニティ・スクールって何??    
学校運営協議会を設置した学校を「コミュニティ・スクール」といいます。
コミュニティ・スクールに指定された学校には「学校運営協議会」が設置され、教育委員会から任命された保護者や地域の皆さんなどが、一定の権限と責任を持って、学校運営の基本方針を承認したり、教育活動について意見を述べたりすることを通じて、学校の様々な課題解決に参画していきます。
    
学校づくりの当事者が、学校保護者地域住民

向島小学校の取組について

コミュニティ・スクールの理念は「地域とともにある学校」です。学校と地域の人々(保護者・地域住民等)が目標を共有し、一体となって地域の子どもたちを育んでいくことは、子どもの豊かな育ちを確保するとともに、そこに関わる大人たちの成長や充実感をも促し、ひいては地域の絆を強め、地域づくりの担い手を育てていくことにもつながります。

 こうした地域とともにある学校づくりを進めていくために・・・

 
@学校と地域の人々が、みんなでよく考え、話し合っていくこと (熟議)
 A同じ目標に向かって、一緒になって活動していくこと 
(協働)
 B校長を中心に、人をつなぎ、学校の組織としての力を上手く引き出すこと 
(学校のマネジメント)

を展開していきますが@の熟議や話し合い、Bの学校組織構造だけでなく
    直接的に、地域・保護者の皆様に
    子どもたちの学びや成長に関わっていただくシステムとして

    Aの(協働)を具体化していく必要があります。それが・・・・・・・・・・・・・
 
 A 地域協育ネット  と
 B 向島小学校運営協議会 向島小3プロジェクト  の2つです。

向島小学校では
「学校運営協議会を核とし、子どもを中心に据えた学校・家庭・地域繋げるシステム」
=向島小3プロジェクトを

 
・ 環境支援プロジェクト
 ・ 学習支援プロジェクト

 
・ 生活支援プロジェクト

と設定し動き出しました。


 
 
 

BACK