寒桜の様子
2017年の寒桜の様子を掲載しています。

 3月24日。今年の桜も徐々に見頃を終えようとしていますが、散った花びらが地面いっぱいに
広がっている様子も綺麗です。

      



 3月22日。2階の家庭科室から撮影しました。右の方に2代目の寒桜も見えます。
2本の寒桜を同時に収めた贅沢な1枚になりました。

   



 3月21日。昨日の雨の影響で花が少し減ってしまいました。地面にはたくさんの花びらが落ちていてそれもまた綺麗です。

   



 3月16日。実は、職員室から見える寒桜もとてもきれいです。

   
 3月14日。八分咲き、満開宣言です。

   



   
 
3月13日(月)   お花見給食

  いつもお世話になっている桜保存会と見守り隊の方々と一緒に寒桜(蓬莱桜)の下でお花見給食を
しました。給食はそれぞれ持ってきたお弁当箱に詰めて、寒桜(蓬莱桜)の周りにレジャーシートを敷き、
みんなで囲んで桜保存会の方や見守り隊の方々と楽しくおしゃべりをしながら給食を味わいました。
寒桜(蓬莱桜)を見ながら、おいしい給食を食べることができたのは、子どもたちにとってとても貴重な
体験になりました。

      



 3月13日。七分咲きです。たくさんのヒヨドリやメジロなどが寒桜の花の蜜を吸いにきています。

      



 3月12日。桜祭りの様子です。

      



 3月10日。四分咲きです。12日(日)には、さくらまつりが行われます。

      



 3月9日。三分咲きです。肌寒い日が続いているため、桜の開花状況も少し停滞しています。

      



 3月6日。二分咲きです。日がよく当たるところは、たくさんの花が咲いていました。

      



 3月2日。たくさんのつぼみがつき、全体的にピンクがかっている様子が遠くから見てもわかるようになりました。

   



 2月28日。ここ数日間、日差しもやわらかく暖かいので少し花が増えたようです。

      



 2月27日。10輪ほど咲きました。開花宣言です。

      



 2月24日。4輪ほど咲いている花を見つけました。

      



2月22日。寒桜のつぼみが日に日に大きくなっていきます。中にはピンクに色づき始めたつぼみもあります。しかし、開花までにはもう少し時間がかかりそうです。
      
HOME