萩焼用粘土販売


萩焼について

萩焼は、一楽二萩三唐津(いちらく にはぎ さんからつ)と謳われたほど古くから親しまれてきた焼き物です。
古来から茶人の間で重宝されてきた萩焼の茶器は、”侘び・さび”の心情をよく表しており、萩焼の装飾面は素朴で上品です。

萩焼の特徴は、原料である大道土(だいどうつち)と釉薬の収縮率の違いによって生じる貫入(かんにゅう)にあります。貫入とは釉表面のヒビのことをいいます。
また萩焼は萩の七化けが有名です。
萩の七化けとは、萩焼を長い間使い込むと貫入のヒビにお茶が染み込み、萩焼表面の色が変わっていって、枯れた味わいが出てくることをいいます。
萩焼の土の色を生かした器や、素朴な味わいが人気で、山口県萩市内や県内各所には萩焼の窯元が多く存在しています。

萩焼の歴史は、今から400年余り昔にさかのぼります。
藩主毛利輝元公に従って渡来した朝鮮の名工李勺光、李敬の兄弟が高麗焼の秘法を用い藩の御用窯として開窯したのが始まりとされています。
それから徳川時代末期に至るまで歴代毛利家の庇護のもと製陶に精進を続け、今日の隆盛にいたりました。
その400年余り昔から、萩焼に使用されている土が、現在も愛用されている大道土と見島土(みしまつち)とされています。

大道土(だいどうつち)は瀬戸内側の防府市の大道という地名の場所より採掘され、白色で萩焼作陶のベースとなる粘土の原料です。
また山口市の鋳銭司(すぜんじ)・陶でも採掘されています。

見島土(みしまつち)は萩市の離島である見島で採掘されます。
鉄分を多量に含む、赤銅色の軽い土です。
大道土に混合して使用する土です。

ねんどやでは、萩焼の作陶に欠かせない
大道土と見島土を良価格で皆様に販売しております。
リンク集では、山口県内の萩焼窯元をご紹介しています。
陶芸用の土、陶土・粘土について
萩焼について
萩焼用粘土販売・商品一覧
萩焼用粘土・注文方法
粘土全国発送料
ねんどやリンク集

‥萩焼用粘土販売
【長沢陶土有限会社】

〒754-0893
山口県山口市秋穂
二島仁光寺7030
TEL 083-987-3030
FAX 083-987-3088

【 会社概要 】
【お問い合わせ】
























長沢陶土有限会社 〒754-0893 山口県山口市秋穂二島仁光寺7030   TEL 083-987-3030/FAX 083-987-3088