これからは

国が推奨する地震に強く、長持ちの省エネ化住宅を標準仕様に

長期優良住宅で得するお金

優遇金利・住宅ローン控除・5年間の固定資産税半額控除(通常3年間)

1階・2階の天井に根太半落し込みによる12mmの構造用合板貼りと屋根面の12mmの構造用合板で、水平荷重を確実に耐力壁に伝達する強固な構造体を確保

■ 維持管理対策等級3

※新築住宅に限ります。

在来軸組木造に基準強度(日本農林規格による)の強い県産材の杉【E70】を柱・胴差し・軒桁等に使用・また異等級【E105-300】米松等を現し梁に使用しオリジナル工法と剛床工法を組み合わせ、安全性・耐久性・耐震性に配慮した生涯品質にこだわっています。

■ 耐震等級3・耐風等級2

壁量計算・構造基礎計算にとどまら
外皮性能計算等全て計算。
補助金等に対応させ省コストを実現します.

軸組

小屋組(2F天井合板貼)

2F剛床工法

JIO配筋検査

1F剛床工法

建築基準法の1.5倍耐力の壁量計算・水平構面による床倍率そしてスパン表に頼らない基礎構造設計

給水管・排水管・給湯管の清掃・点検・補修・更新を設備機器や点検口等にて容易にできるよう配慮する。

■ 省エネルギー対策等級4

外皮性能計算(外皮平均熱貫流率(Ua値)と平均日射熱取得率(μa値)を計算

建築時の図面ゃメンテナンス履歴等、住宅履歴書を作成・保管

シロアリ対策 土台に桧・軸組(GL+1m)の防蟻処理は樹種による防蟻対策を選択。
安全に配慮し防蟻の為の薬剤の使用をお薦めしません。
外壁通気層21mm 小屋裏換気は天井*1/250以上確保 配管の基礎貫通はスリーブ管対応等

■ 劣化対策等級3

■ 維持保全計画