風の便りです。

ウルトラマンになりたかったのですが、なれなかったのでサラリーマンになりました。
退職後はフリーマンになりました。

小山徒歩


R1.5月

納税の義務をはたしました

 日本国民の3大義務の一つに納税の義務があります。電子申請のイータックスを
利用しました。
イータックスは簡単と説明されているのですが、やってみれ
ばイータックスではなく、ワリータックス(悪いたっくす)でした。
 税務署に提出したものの何の連絡もないので問い合わせの電話をいれました。
ガイダンスに添って携帯の操作をしましたが、広島に繋がり、宇部税務署の担当者
に繋がるまでたらい回しをされ、4人目でやっとのことでつながりました。
 税務署職員の対応に不信感を抱くばかりでしたが佐川元国税庁長官のウソつき
佐川と言われていたことを思い出しトップの姿勢からしてウソつき体質が署風なんだ
と変に納得しました。税金の振り込み用紙は電話をした翌日に郵送で届きました。
(用紙が届くのは早かったです)すぐに納税しました。


市議会議員選挙(その1)

 「市議会議員候補○○でございます。今助手席に座っているのが本人でござ
います。」選挙カーからのアナウンスに立ち話をしていたUさんが言いました。
 「へんなことを言いますねー。本人が乗っていますなんて当たり前のことでしょうよ。」、、、
そこで若いころから選挙運動に動員させられ、裏事情や汚い
大人の世界を見せつけられた経験からボクが説明してあげました。
 「暗くなった今時分では候補者は選挙カーに乗っていないものですよ。長い
選挙期間中、朝8時から夜8時まで車に乗っているだけで疲れるでしょ。
だから空で街宣車だけを走らせ候補者の名前を連呼して名前を覚えてもらって
いるのですよ。今助手席に乗っているというのは頑張っていますとのアピール
ですよ。」
 Uさん「あーー、そんなものでしょうね。1日中車に乗っているのもつらい
でしょうね。立候補するだけでも大変なのにねー。」

 
 

市議会議員選挙(その2)

 新人候補のTさんが選挙カーから降りてきて挨拶をされました。
時間にしてほんの一瞬でしたがビックリしました。彼女の目がとってもきれいだったのです。
希望に満ちた目、澄んでいました。目は口ほどに物を言いなんていいますが、こんな
人こそ議員さんになられたらと思えました。
久しぶりに目のきれいな人に出会えたと、幸せな気分になりました。こんな気持ちは
ボク一人ではなかったようです。新人にして高成績で当選されました。
 言い忘れました。きれいだったのは目だけではありません。美人でした。