混合計算ゲーム


−(+2)(−6)+(−4)(−9)−(+8)(−7)

などの式をつくって答を得点とするゲームです。

人数 ・・・・ 4人1組になってやります。

準備するもの

  @ トランプ1組  A ノート(計算に使う)  B 得点表

ルール

  1. 1組のトランプからジャック、クイーン、キングを除きます。10×4+ジョーカー=41枚のトランプをよく切って、1人に9枚ずつ配ります。残った5枚のカードは裏がえして真中につんでおきます。
  2. 自分のところにまわってきた9枚のカードで、式をつくります。

    1. 3枚を1組として1枚は横に、2枚をたてに並べ3組つくります。
      横に並べたカードは、数は関係なく+、−だけが生きます。



      花子さんは、9枚のカードを上のようにならべました。
    2. 花子さんの得点は
       +(−7)(−9)−(+10)(−9)+(+2)(−1)
      の答です。
  3. それぞれ自分の得点を計算します。

  4. Bで計算した答がまちがってないかどうか、4人でたしかめます。

  5. 点数の多い人が勝です。
    勝・負をきめてシッペをします。(1回ごとに)

  6. 順位を得点表に記入します。3回戦、5回戦などをはじめにきめておき、最後に負けた2人に罰ゲームをやってもらいます。(何をやるかは勝った人が命令する。だれでもできるかんたん
    なものにする)

  7. ジョーカーは++1〜+10、−1〜−10のどれにしてもよい。
    なれてきたら、つぎのようなルールをつけ加えると、なおおもしろくなります。

  8. 特典

    1. 最下位の人は残りのカードから(5枚残っている)1枚を抜き、持ちカードの1枚をすてて、式をつくり直すことができる。
    2. 9枚とも同じ色の時は300点とする。

もんだい

  1. 上の花子さんの得点は何点ですか。
  2. 上の花子さんの持ち札でもっとよい得点をつくることができますか。

解答

index.gif (1169 バイト)           modoru.gif (1080 バイト)