ワード覆面算

 計算の全部または一部の数字を文字に置き換えたものを、もとの数にもどすパズルを、覆面算といいます。

 例えば、

 

 上の計算に出てくる数字を

→A 1→Y 2→S 3→0 4→K 7→T  の文字で置き換えると、

この計算は下のようになります。

K Y O T O
O S A K A
  T O K Y O

 これは森本清吾という人が考えた覆面数ですが、この文字で書かれた式から数字の式を考え出す遊びを覆面数といいます。

 では、次の覆面数を数字の式になおしてみなさい。

(1)                          (2)

                    

(2)の解答は2つあります。

解答

index.gif (1169 バイト)           modoru.gif (1080 バイト)