◆企画展「南画と山口」開催


 平成21年9月2日(水)から30日(水)まで、大広間下の間展示室において、企画展「南画と山口」〜菜香亭所蔵近世近代の南画家たち〜 を開催しました。

 料亭「菜香亭」が所蔵していた掛け軸のうち、南画を一同に会した展覧会です。藩お抱え絵師、県出身の画家、県内に画塾をかまえた画家など14点を展示しています。
 監修は山口大学の菊屋吉生教授です。各作品には菊屋先生の詳細な解説が付けられています。

 「南画は南宗画の略称です。
 中国江南地方に発した南宗(禅宗の一派)は、わが大内氏と交流のあった明の時代に至ると、その画壇はやわらかい画線で自然感興を描く南画と呼ばれる独特な画風を完成させ、日本でも江戸時代になると池大雅や与謝野蕪村らの南画が知られるようになりました。
 郷土の南画をご鑑賞下さい。    館長 福田礼輔」


●企画展「南画と山口」〜菜香亭所蔵近世近代の南画家たち
○日  時:平成21年9月2日(水)〜9月30日(水) 
    ※期間中の休館日:8日(火)、15日(火)、24日(木)、29日(火)
○観覧時間:午前9時〜午後5時
○会   場:大広間下の間展示室
○観 覧 料:大人100円・小人50円(大広間観覧含む)
○監   修:菊屋吉生(山口大学教授)

○展 示 品:
大庭学僊 屏風 「双鶴図」 明治初期〜中期
佐伯圭山 屏風 「山水画」
松林桂月 額装(紙本)「松に鵲」 昭和期
菅 江嶺 掛軸(紙本墨画)「牛」 天保3年
平野五岳 掛軸(絹本墨画)「富士」 明治5年
野口幽谷 掛軸(紙本墨画)「松石図」 明治14年
山岡米華 掛軸(紙本)  「竹と石図」明治後期
森 栞石 掛軸(絹本墨画)「菖蒲寿石」明治35年
宮崎碩山 掛軸(絹本着色)「山水画」 明治40年
田中柏陰 掛軸(紙本墨画)「竹に鶴」 大正8年
田中柏陰 掛軸(紙本)  「老松図」 大正14年
田中柏陰 掛軸(絹本墨画)「山水画」 昭和期
平野竹逸 掛軸(絹本)  「漁翁帰去」昭和2年
藤本木田 掛軸(紙本墨画)「松に鳥図」昭和8年