◆菜香亭市民ギャラリー「彩光亭の森〜梅原望と松井茉里奈の展覧会〜」開催


 平成22年10月7日(木)から10月11日(月)まで、会議室において、菜香亭市民ギャラリー「彩光亭の森〜梅原望と松井茉里奈の展覧会〜」が開催されました。

 これは、山口大学院生の、梅原望さんと松井茉里奈さんの二人によるものです。
 「乙女の心の森」「色彩」「花」を主な題材にして、菜香亭というこの場所でしかできない表現をされたそうです。
 大学院2年生の梅原さんは、「ユメミルマエハ〜童話絵本集〜」「花の名前を」と題したアクリル絵画15点や、合板での絵画屏風「寒暖心情図屏風」を展示されています。
  ほか左画像の、透明チューブにお花紙とラメと水をいれた作品3点を展示されています。このような作品は本邦初です。「めぐる世界」と題されています。

 大学院1年生の松井さんはファッション雑誌で花を作りマネキンを飾った「あらゆる情報を手に入れ自分を着飾る努力する」という作品と、紫外線を表しているプラスチック板の作品「お肌の大敵は窓から進入し降り注ぐ」を展示されています。