「第1回山口地酒の楽校(がっこう)」開催




 ◎平成24年2月25日(土)午後6時半より、第10回美味しんぼの会「第1回山口地酒の楽校」を開催しました。

 これは山口の地酒についてもっと知ってもらうことを目的に、山口市菜香亭指定管理者NPO法人歴史の町山口を甦らせる会主催で行ったもので、48名が参加されました。

 講師は、やまぐち発酵文化研究所代表の柏木享さんです。
 山口は「穀良都」や「西都の雫」などの全国に誇れる酒米があること、酒造りのレベルは他所と比べても高いことなどが紹介されました。



 そのあとは実際に地酒を試飲しながら、精米歩合や酒米によってお酒の味が違うことを確かめていただきました。
 質疑応答では、質問がとどまるところを知らず、地酒についてもっと知りたいという参加者の熱意が感じられました。