「東日本復興支援チャリティ〜チャリティーコンサートin菜香亭〜」開催




 ◎平成24年3月10日(土)午後5時半より、「東日本復興支援チャリティ〜チャリティーコンサートin菜香亭〜 」を、山口市菜香亭指定管理者特定非営利活動法人歴史の町山口を甦らせる会主催で開催しました。

 東日本大震災から一年の区切りにときに、震災復興をこれからも継続的に支援していこうと、ご賛同いただいた地元で活躍中の6グループの様々なジャンルの音楽を通して、山口から復興を祈る気持ちと元気を届けたく、行いました。
 来場者の皆様へは、入場料に、支援金として500円以上の寄附を呼びかけました。
 また、東北の商品を買うことは支援に直結するので、「きたぐにさん」の協力を得て販売コーナーを設けました。
 会場には、陸上自衛隊山口駐屯地様、山口県曹洞宗青年会様、じゃがいもの会 橋本様より東北へ支援に行かれた際の活動写真をお借りして展示しました。みなさんの懸命な姿に心打たれます。




 トップバッターのアコースティックデュオのべすぱ。オリジナル曲「手紙」「あったかいのが空まで」など日常の何気ないひとときに感じる幸せをポップなメロディーにのせて歌ってくださいました。
 つづいて尺八の津田隆さんと琴の柴崎雅慧さん。
 気合いの入った尺八の演奏に琴の高音や低音が絶妙に絡み合い、和楽器の素晴らしさを改めて感じさせてくださいました。
 王丹さんの二胡の演奏では、優美な音色が菜香亭に鳴り響き、幻想的な雰囲気につつまれました。「ふるさと」「荒城の月」など日本の歌が郷愁をかきたてました。
 夢象さんによる、第4回中原中也賞を受賞された福島県出身の和合亮一さんの詩の朗読は被災された方の肉声を聴くようで、心に深く刻み込まれました。
 「ムーンリバー」など名曲をボサノバ風に弾き語り。源之助さんのすてきな低音が響きステージが一気に和みました。
 J−Choirのみなさんのパワー溢れる歌声に心の底から元気をいただきました。昨年菜香亭5代目亭主おごうさんがよく歌ったという「You are my sunshine」や、「上を向いて歩こう」などを会場のみなさんといっしょに大合唱…笑顔いっぱいのフィナーレになりました。

 この度のコンサートでいただいた支援金の総額は、86,081円となりました。
 全額、福島県保健福祉部児童家庭課「ふくしまこども寄附金」に大切に送らせていただきます。
 ご厚情賜り誠にありがとうございました。謹んで感謝申し上げます。