◆第14回美味しんぼの会 第五回山口地酒の楽校ひとあし御先に桜を味わう会〜桜酵母のお酒飲みくらべ」


 ◎平成26年2月22日午後6時〜8時、「第五回山口地酒の楽校 ひとあし御先に桜を味わう会〜桜酵母のお酒飲みくらべ」を開催し、59人が参加されました。


 日本で初めて、山口県で開発された桜酵母について学ぶ会です。
 講師は柏木享さん。桜酵母の開発を推進された、産みの親です。
 県産業技術センター在籍時に、宇部高専等の協力を得て、1999年から2年かけて、酵母がとれる桜の花弁を探して、ようやく見つけて、商品化にこぎつけられました


 桜酵母の地酒8種をお出ししましたが、じつはこれだけそろうのは全国ひろしといえども山口県だけです。
 県内では7社の酒造会社が造られていて、山口県の特産品といえます。
 講義のあと、実際に試飲です。地産地消の季節の肴で、美味しく頂きました。
 かつての料亭時代を彷彿させる風景です。
 参加者された方は、講師の蘊蓄を聞いたうえで飲んだので、とても味わい深く、おいしく飲めたと感想を述べられました。