◆菜香亭サポーターズ企画第5回体験づくりの会「中国茶体験教室」

平成19年3月10日、菜香亭サポーターズの自主企画による体験づくりの会第5弾「中国茶体験教室」が開催されました。

 山口の町は室町時代、大内氏による日明貿易を通じて中国の文化がさまざまな形で入ってきていました。  現在は、山口市と山東省済南市は姉妹都市となっており交流が行われています。山口の町と関係の深い中国の文化を学ぼうと、今回は中国茶を体験して頂きました。

 中国茶はどういったものか、中国茶の種類、道具、お茶のいれ方・飲み方、当地の風習、生産地の状況など、市内の茶卸屋「清風茶房」さんに協力頂いて勉強しました。
 当日は5種類のお茶とお茶うけを用意しました。  左画像は「工芸茶」と呼ばれる種類のお茶で、お湯の中で花が開くものです。  参加されたみなさんは、大変勉強になって楽しかったと満足気な様子でした。