◆企画展「井上馨たちの建言書」


 平成29年1月13日(金)から2月10日(金)まで、大広間展示室(下の間)で、企画展「井上馨たちの建言書」を開催しています。
 これはかの長州ファイブが、英国留学の成果として明治政府に建言した意見を中心に紹介するものです。


  会場に入ってすぐ伊藤博文と井上馨の等身大パネルが展示されています。
 また、中央パネルの大きな絵図は、江戸時代中期の防長図絵です。県内各地の集落の名前が記載されています。県民の方はご自分の住まいを探してみてください。



  中央パネルの裏面には、山口市中心部の幕末史跡の場所を紹介した地図が掲載されています。
 この地図は印刷されて配布用のものも置いていますのでご自由にお持ち帰りください。 
 


 会場にはぐるりと12枚のパネルを設置しています。長州ファイブ5人それぞれの生涯史年表と、建言の内容が紹介されています。
 井上馨は治外法権、伊藤博文は立憲政体、山尾庸三は盲啞学校、遠藤謹助は造幣事業、井上勝は鉄道の早期着工について建言しています。



 あらためて長州ファイブの活躍がわかる企画展です。ぜひご覧ください。

◎主催:山口市、
     一般財団法人山口観光コンベンション協会、
     山口市菜香亭指定管理者NPO法人歴史の町山口を甦らせる会