◆菜香亭探訪研修会「雪舟の時代の庭園〜善生寺庭園を中心に〜」

平成19年2月3日(土)午前9時より、菜香亭探訪研修会「雪舟の時代の庭園〜善生寺庭園を中心に〜」を行いました。

 山口市古熊にある善生寺庭園は、昨年の発掘調査から、雪舟が山口に居た頃の、15世紀末までさかのぼることがわかりました。今回はその発掘調査を行われた山口市文化財保護課大内文化財担当主幹の井上広之氏を講師に招いて、善生寺庭園の話を中心に、県内に残る室町時代の庭園について講演いただきました。講演のあとは、じっさいに善生寺まで探訪です。菜香亭からは歩いて15分の距離にあります。善生寺庭園をまえに、作庭がどのようにおこなわれたか、どういうふうに庭をみるように考えられるかなど説明をいただきました。

 画像は、昼食前に、善生寺庭園から発掘された土器をお見せしているところです。また、前将軍足利義材にお出しした料理の説明もありました。昼食後は、観光ボランティアガイドの会の方の案内で、雲谷庵や瑠璃光寺五重塔を見学。ちょうど山口お宝展開催期間中で、五重塔の内部が公開されていました。 参加者からは、地元なのに知らないことがたくさんあって勉強になったという声を多く頂きました。