◆第2回歴史の町山口を風水でみる〜大内文化・風水のまちづくり〜講演会・探訪会開催

昨年に引き続き「第2回歴史の町山口を風水でみる〜大内文化・風水のまちづくり〜」を開催、NPO法人歴史の町山口を甦らせる会主催・NPO法人デジタルアーカイブやまぐち協力で、11月10日に講演会、同月11日探訪会を行いました。

 講師の南山大学教授目崎茂和(めざきしげかず)先生は、環境学が専門で、世界各地の環境保全研究・活動を実施し、風水など環境を生かした「地域づくり」に参画されています。10日の講演会では、中世の史跡が多く残る大内文化特定地域の風水についてお話しされました。

 11日の探訪会は、山口市菜香亭を起点に今八幡宮・大内氏館跡・竪小路・一の坂川など実地で風水について学びました。午前中の探訪のあと、午後は意見交換会が行われ、参加者から数々の質問がでました。また参加者からはアンケートを書いて頂きました。アンケートは、今後の風水の観点からみた山口の観光に役立てられます。