◆第6回山口市菜香亭美味しんぼの会「山口の秋の味覚とワインの夕べ」開催

11月2日(金)、当館にて、NPO法人歴史の町山口を甦らせる会主催第6回山口市菜香亭美味しんぼの会「山口の秋の味覚とワインの夕べ」が開催されました。これは、菜香亭が料亭であったという本来の姿を広く体験していただき、当館のもつ所蔵品、歴史について知っていただくという企画で、41名の方が参加されました。

 まずはじめに、福田礼輔館長による挨拶と、菜香亭についての説明が行われました。その後、食事・歓談となり料亭だった頃の雰囲気を味わっていただいているなか、地元音楽団体のパークールさんによる秋にふさわしい曲の演奏が披露されました。

 また、今回は、木村洋二ソムリエをお迎えして、ワインの選び方・楽しみ方の講座も行いました。サビエルが大名大内義隆に献上した品のなかにワインがあり、もしかしたら義隆がワインを飲んだ初めての日本人かもしれないといわれています。山口とワインは歴史的なつながりがあるのです。参加された方々は、山口県産の味に舌鼓をうちながら、料亭だったころの菜香亭の雰囲気を堪能された御様子でした。