◆菜香亭研修会「一の坂川のホタル」開催


平成20年6月7日(土)午後1時半より午後4時まで、山口市菜香亭で、菜香亭研修会「一の坂川のホタル」を行いました。

 講師は山口市菜香亭館長福田礼輔氏と、大殿ホタルを守る会会長の中川良介氏です。  まず福田館長より、昔の山口の螢についてと、大河ドラマ「毛利元就」にまつわる螢の思い出を話されました。  ついで中川会長より、山口のゲンジボタルの歴史、および螢の飼育についてのお話がありました。  

 講義の後は一の坂川を歩いて実地に研修しました。  一の坂川は上流にダムがあるため水量が一定であること、毎秒10pの流れが最適であること、ホタル護岸と呼ばれる岸壁は萩笠山の花崗岩であること、ホタルのためには桜より柳がよいことなどなど、初めて伺う話ばかりで参加者は興味深く聞いておられました。
 最後は、山口ふるさと伝承総合センターのホタル飼育場を見学しました(通常は非公開)。  旧野村酒場の蔵を利用したこの蔵で大殿ホタルを守る会がホタルを飼育されています。  今回は、ホタルの生涯や、飼育の苦労など、ホタルの光を見るだけではうかがい知ることの出来ない貴重なお話が聞けました。  当日は夜より一の坂川界隈でほたる祭りがありました。参加者の方々は、祭のなかで輝くホタルを眺めながらいろいろなことをおもわれたのではないでしょうか。