山口市菜香亭 トップページ サイトマップ
菜香亭トピックス
 ◆講演会「大内氏時代の技術を今に伝える檜皮葺」開催

 5月27日(土)、大広間で、講演会「大内氏時代の技術を今に伝える檜皮葺」を開催しました。


 山口に栄えた大内氏の時代からの神社仏閣の屋根には、桧皮(ひわだ)が葺かれているのが多いです。
 現在では桧皮葺師は減っており、県内では専門としているのは一人しかいません。

 その唯一の方、江戸時代からつづく「ひわだや」11代目の佐々木真さんを講師に、講演会「大内氏時代の技術を今に伝える檜皮葺」を開催しました。
 参加者は62名。

 佐々木さんは、市内の重要文化財の古熊神社・龍福寺や国宝瑠璃光寺五重塔の屋根を葺かれました。
 そのときの経験をまじえ、宮野地区で栽培しているヒノキから皮をはぐ作業から桧皮葺するところまで、話されました。
 そのあとは実演です。

 みなさん熱心に見入っておられ、次から次へと質問され、年来聞けなかった疑問が解けてうれしそうでした。
 さらに参加者に体験もしていただきました。見るのとするのとでは違ったようでした。


館長挨拶 施設概要 貸室利用案内 交通アクセス案内 月間行事予定 菜香亭トピックス 菜香亭サポーターズ リンク