山口市菜香亭 トップページ サイトマップ
菜香亭トピックス
 
 明治維新150年記念講演
   「NHK大河ドラマ 時代考証のはなし〜
       『西郷どん』がさらに面白くなる!」
開催
東庭の秋田蕗

  平成30年6月9日(土)18:00から大広間で、NHKドラマ番組部 シニア・ディレクター 時代考証担当の大森洋平氏をお招きして、講演会を開催しました。



 100畳の大広間は、歴史に興味がある方・歴女に、歴史ドラマファン・大河ドラマファン155名の参加者で熱気に包まれました。
 まずはクイズ!
「鍋焼きうどん」「洗濯板」「こっくりさん」時代劇に出すと間違いなものはどれ?
「はい。コレ全部だめ!」
「鍋焼きうどん」は、明治10年頃〜、「洗濯板」は、戦後アメリカから日本へ入ったもの、「こっくりさん」は明治期からだそうです。
 江戸が舞台の時代劇。井戸端に洗濯板を使った光景が出てきたら・・・それ間違い。当時手洗いですから!

  そして、皆さん興味津々の『時代考証』の説明です。
 『時代考証』とは、登場人物を置き、そこへ時代の枠を決める 仕事。
その極意は、
“おかしな物を出さないこと”
とのこと。
 番組で取り上げられる史実、時代背景、セット、小道具、そして役者さんの言葉(御殿言葉・方言等)や所作に至るまで、なるべく史実に沿った正しい形にしていく作業が行われます。
 また、ドラマ制作の舞台裏についてのお話には、参加者から感嘆の声が上がりました。 



 大森氏の豊富な知識と軽快な話術に引き込まれ、90分の講演が終了しました。
 最後は、大河ドラマ「西郷どん」が、より面白くなる為の書籍・時代考証の為の参考書籍の紹介。そして、質問コーナーで締めくくられました。
 会場内は、歴史ドラマファンならではの質問に名答で一刀両断!
 参加者からは、「今回参加して歴史ドラマの見方が、変わりました。」「目から鱗!(これは、時代劇に使えない言葉でした。)」「大河ドラマ『西郷どん』は、バイプレーヤーにも注目して楽しみます!」などの声を頂きました。
 

背後にある扁額は、『快作楽』 三条實美 です。
「何事も気持ち次第で喜びとなる」の意味を持ちます。
これを左から読むと『楽作快』「楽しく作って快!」
今後も魅力的な歴史ドラマを楽しみにしています。
どうも有難うございました。

photos by Tomoyuki Hatatani
館長挨拶 施設概要 貸室利用案内 交通アクセス案内 月間行事予定 菜香亭トピックス 菜香亭サポーターズ リンク