阿弥陀寺のヤマモモ
72. 阿弥陀寺のヤマモモ

場所 防府市牟礼 上坂本
     阿弥陀寺の参道、大平山登山道入り口付近の右側にある。


大きな地図で見る


指定 市天然記念物(1997)
大きさ 4.10m(目通り)20m(高さ)
      表示=♀ 約10.00m(根周り)推定樹齢300年以上。

種の概要
  ヤマモモ科・常緑高木。雌雄別株。東南アジアから日本の九州、四国、本州(房総半島南部、福井県以西)の亜熱帯〜暖帯域に分布する。大きいものは幹周4.71m(1.50m径)、高さ25m以上になる。果実は6月ごろ暗赤色に熟し球形、多汁質。むかしはよく子供たちに食べられていた。
由緒ほか
  華厳宗。建久8年(1197)東大寺大勧進周防国国司 俊乗防重源が東大寺別院として創建。

阿弥陀寺のヤマモモ                           撮影2003.10

所在地図へ