これからの病院は大変ですね
今私はリスクマネジャーの勉強をしています。その研究所からのニュースの中から、、、
厚生労働省は、来年度中に全都道府県に「医療安全相談センター(仮称)」を設置する方針を決めた。医療事故が相次ぐ中、医療機関と患者とのトラブルを仲介。大学病院など高度な医療を提供する「特定機能病院」で、今年2月までの約2年間に15003件の
医療事故が報告されていた。血液型を間違えて輸血したり、患者を間違えて治療するなど「重篤な事例」は387件に上った。
誰しも、事故やミスを起こそうと看護している人はいないのですが、慣れやうっかりで、初歩的ミス、事故や感染を起こしてしまうことがあります。どの職業でも同じ事ですが・・
それを未然に防止するために安全管理担当者のリスクマネジャーが活用されます。
一頃前はケアマネジャー等、看護師もプラスアルファーの資格が必要な時代になりつつあります。生涯勉強と言いますが、脳の老化と戦いながら、資格を取得していくのは大変です。でも、大好きな仕事なので体と脳が正常に働く限り頑張ろうと思っています。
             メールにはまっているみっきーより
(看護師みっきーさんより)