平成14年度から自動車税のグリーン化が始まります
地球温暖化防止及び大気汚染防止の観点から、環境にやさしい自動車の開発・普及の促進を図るため、

 @排気ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車については、
   その排気ガス性能に応じて税率を軽減する

 A新車新規登録からの一定の年数(ガソリン車・LPG車は13年、ディーゼル車は11年)を経過した
   環境負荷の大きい自動車については、税率を重くする

                        平成14年度より、以上の自動車税の特例措置を導入するそうです。

 さあ、今乗っている車は、どうなるのだろう???? 
      <<< くわしくは、山口県の各地区の県税事務所まで問い合わせてください >>>
税金が高くなる自動車(自家用車について)(LPG車はガソリン車と同じ)
  対象となる車は、廃車にするまでず〜と税金が高いのです。
平成14年から税金が
約10%高くなる車
ガソリン車 平成元年3月31日までに新車で新規に登録した車
ディーゼル車 平成3年3月31日までに新車で新規に登録した車
平成15年から税金が
約10%高くなる車
ガソリン車 平成2年3月31日までに新車で新規に登録した車
ディーゼル車 平成4年3月31日までに新車で新規に登録した車
税金が安くなる自動車(低燃費で低排出ガス認定車)
対象の自動車は、下記ホームページを見てください
国土交通省の自動車交通関係 自動車税制グリーン化( http://www.mlit.go.jp/ )を見てください
排出ガスが75%低減で ☆☆☆超ー低排出ガス認定車  約50%軽減
排出ガスが50%低減で  ☆☆ 優ー低排出ガス認定車  約25%軽減
排出ガスが25%低減で  ☆  良ー低排出ガス認定車  約13%軽減
税金が安くなる期間
平成13年度に新車新規登録した自動車 平成14年度と平成15年度の2年間
平成14年度に新車新規登録した自動車 平成15年度と平成16年度の2年間
自動車税額(年額)
乗用車 標準税額 ☆☆☆ ☆☆ 重課税
約50%軽減 約25%軽減 約13%軽減 約10%
電気自動車 29,500 15,000 ------ ------ -----
1000cc以下 22,500 26,000 32,400
1001cc〜1500cc以下 34,500 17,500 26,000 30,500 37,900
1501cc〜2000cc以下 39,500 20,000 30000 34,500 43,400
2001cc〜2500cc以下 45,000 22,500 34,000 39,500 49,500
2501cc〜3000cc以下 51,000 25,000 38,500 44,500 56,100
3001cc〜3500cc以下 58,000 29,000 43,500 50,500 63,800
3501cc〜4000cc以下 66,500 33,500 50,000 58,000 73,100
4001cc〜4500cc以下 76,500 38,500 57,500 67,000 84,100
4501cc〜6000cc以下 88,000 44,000 66,000 77,000 96,800
6001cc〜 111,000 55,500 83,500 97,000 122,100
(山口県)
山口県のホームページ http://www.pref.yamaguchi.jp/gyosei/zeimu/autohen1.htm