お薬手帳とは

健康・安心へのパスポート

お薬手帳は医療機関で処方されたお薬や、市販のお薬や漢方薬、健康食品などを時系列で記録しておくことで、お薬をもらう時に飲み合わせや重複がないかを確認できます。
また、災害や事故などの緊急時にも服用中の薬や副作用がわかるので、医療機関を受診するとき以外でも持ち歩くことが重要です。

お薬手帳
活用のポイント
  • 複数の医療機関にかかっていても1冊にまとめましょう
  • 病院、診療所、薬局では毎回お見せください
  • 同じお薬でも毎回記入してもらいましょう
  • 健康食品やサプリメントも記入しておきましょう(飲み合わせの悪いお薬もあります)
  • 副作用歴、持病、体質なども記入しましょう(持病によっては避けたほうがよい薬もあります)
  • いつも携帯しましょう(出張、旅行の際も)

ページのTOPに戻る ↑

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許が切れた後に、別のメーカーが同じ有効成分でつくり、厚生労働省が先発医薬品の効能効果等と同等であることを認めた医薬品です。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と比べ開発期間が短く、開発費用が少ないため、価格が安くなります。これに伴い、患者さんの薬代の負担も軽減されます。

ジェネリック医薬品を調剤してもらうには…

お薬は医師や薬剤師と相談しながら「自分で選べる」時代になりました!

相談してください

①医師に相談する
②薬局で薬剤師に相談する
③処方せんを確認する方法
処方せんの「変更不可」欄に「✓」または、「×」印がない場合は、薬剤師の判断で、新薬と同じジェネリック医薬品に変更してもらうことができます。(「✓」または「×」印は、個々のお薬ごとに医師が判断します)

処方せん
  • 処方せんのお薬の名前は、一般名(成分名)で記載される場合があります。
  • すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。
  • 保険薬局がジェネリック医薬品を取り扱っていない場合は、手に入らないことがあります。
  • ジェネリック医薬品を服用していて気になったことは、医師や薬剤師に相談しましょう。

ページのTOPに戻る ↑

かかりつけ薬局とは

患者さんは病院で処方箋をもらった場合、自由に薬局を選択することができます。その際、かかりつけの医師を持たれているのと同じように、お薬をもらったり、気軽にお薬や病気のこと、健康相談などできる薬局を「かかりつけ薬局」といいます。

  「かかりつけ薬局」のメリット
  1. 患者さんごとの「薬歴」(薬の服用記録)を作成します。最低3年間に服用した薬が全て記録されています。また体に合わなかった薬等も記録しますので安心です。
  2. 複数の医療機関にかかられている方でも、お薬の重複や飲み合わせ(相互作用)を確認することができます。
  3. 大衆薬(OTC薬)、サプリメントとの飲み合わせも確認できます。
  4. 飲んでいる薬がわかっているため健康相談などもしやすい。

特に、薬の飲み方などは患者さんの生活習慣、体質、薬の服用歴を踏まえ、患者さんそれぞれに合った注意点を話せますので、良き相談相手として薬剤師を上手に利用してください。

 

当ホームページでもお近くの薬局のコーナーで薬局を紹介しておりますので、ぜひ自分にとっての「かかりつけ薬局」を持つようにしてみてください。(「基準薬局」は薬剤師会がつくった制度です。かかりつけ薬局選びの目安にどうぞ。)

ページのTOPに戻る ↑

薬物の乱用

薬物の乱用について

薬物乱用とは、医薬品を本来の医療目的から外れた用法や用量あるいは目的のもとに使用すること、医療目的にない薬物を不正に使用することをいいます。

もともと治療や検査のための薬物を、遊びや快感を求めるために使用した場合は、たとえ一回使用しただけでも乱用にあたります。


薬物を乱用すると…

覚醒剤や麻薬等は、それを乱用する人間の精神や身体をボロボロにし、人間が人間としての生活を営むことをできなくするだけでなく、場合によっては死亡することもあります。
また、薬物の乱用による幻覚・妄想が、殺人、放火等の凶悪な犯罪や交通事故を引き起こすことがあるなど、乱用者本人のみならず、周囲の人、さらには社会全体に対しても、取り返しのつかない被害を及ぼしかねないものです。

疑問がありましたら下記までご連絡ください
  • 山口県薬物乱用対策推進本部  TEL:083-933-3018
  • 薬物乱用相談窓口(山口県精神保健福祉センター) TEL:0835-27-3388
  • 山口県警察本部総合相談室  TEL:083-923-9110
  • ヤングテレホンやまぐち(県警本部少年課内)  TEL:083-925-5150
もっと詳しく知りたい!!
薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ
http://www.dapc.or.jp/
薬物乱用の恐ろしさ【警視庁ホームページ】
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/yakubutu/drug.htm

ページのTOPに戻る ↑

市販薬について

病気の治療に使われるお薬には大きく分けて2つの種類があります。

OTC医薬品(一般用医薬品):
薬局・ドラッグストアなどで販売されている医薬品
医療用医薬品:
主に医師が処方する医薬品

OTC医薬品(一般用医薬品)が通称「市販薬」、「大衆医薬品」と呼ばれています。

OTC医薬品

英語の「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略で、カウンター越しにお薬を販売するかたちに由来しています。法律的には「一般用医薬品」と表現されており、通称「大衆薬」あるいは「市販薬」と呼ばれてきましたが、2007年より「OTC医薬品」に呼称を変更・統一しました。


OTC医薬品を上手に使って健康づくり    セルフメディケーション

セルフメディケーションとは、自分自身で健康を管理し、軽い病気やけがの症状緩和や予防のためにOTC医薬品などを使って手当することです。

ゆるキャラ
例えば…
  • 風邪をひいて、風邪薬を飲む
  •     
  • 小さな傷に絆創膏を貼る
  •     
  • 口内炎ができた時にビタミン剤を飲む   など

かぜや軽いけがなどの軽度な体調不良は、OTC医薬品(一般用医薬品)を利用して、自分で手当てすること(セルフメディケーション)が健康管理に大いに役立ちます。

薬剤師にご相談ください。

正しいセルフメディケーションを行うためには、薬や病気に対する正しい情報や、正しい知識が必要です。
ご自分の体質や症状にあったお薬を選ぶため、またお薬を適切に使用するためぜひ、薬剤師にご相談下さい。
病院でもらわれているお薬との飲み合わせなども確認することができます。

ページのTOPに戻る ↑

薬剤師になるには

薬剤師とは…?
薬剤師とは

研究者から、医療現場の一員として幅広く活動するお仕事です。責任は重大ですが、医薬品の製造から、患者さんの対応まで多くの経験ができる職種でもあります。

薬剤師になるためには…?

薬剤師になるためには、大学の薬学部で6年間の教育を受ける必要があります。6年間の間に、薬剤師として必要な知識や、実際に医療機関や薬局で実習を受け、国家試験に合格すると、晴れて薬剤師となることができます。

薬剤師になったその後は…?
薬剤師になったその後は

晴れて薬剤師になったあなた。そこで、勉強は終わりだと思いますか?

実は、薬剤師になってからも勉強は必要です。日常の業務の中で学んでいく薬の知識、患者さんとのコミュニケーション・・・それでも、日々薬は進化し、新薬は開発されていきます。自分ひとりでは、膨大な量の薬を勉強することはなかなか難しいことです。

そこで、大切なのは、医師や製薬会社が開催する勉強会・説明会です。実際に、医療現場でどのようにお薬が使われているのか、どんな効能・効果があるのか、詳しく説明をしてくれます。

そして、2012年4月より生涯学習支援システム(JPALS)という制度ができました。このシステムは、すべての職域の薬剤師が迷うことなく生涯学習に取り組むことができる、日本薬剤師会のシステムです。
一人一人が学習した記録を残し、自身の位置を確認しながら学習の計画を立て、学習したことをバネにして自己研鑽をしていくことができます。

このようなシステム・勉強会・説明会を通して、薬剤師は生涯勉強を重ねていくのです。

日本薬剤師会生涯学習支援システム

このようなシステムはありますが、最後に、薬剤師として一番大切なのは、患者さんから学ぶことだということも忘れないでください。

ページのTOPに戻る ↑