福元哲郎氏の講演感想(稲田理事)

2017.06.17 福元哲郎氏講演会(きららドーム セミナー室) 開催時間:10:00~11:45 参加人数:約40名
 プロトライアスリート“福元哲郎”氏を招き、きらら浜記録会と合わせて講演会開催いたしました。
福元氏は、広島県三原市在住のプロトライアスリート&講演家として各地で活動されています。大学4年時にトライアスロンと出会い、2003年より複数回世界トライアスロン選手権(エイジ部門)に日の丸を背負って出場されてます。人は変われること(進化)を体現しつつ、自身の経験・生き様を伝えるべく、競技・講演・タレント活動など多方面で活躍し、本気で生きる力、健康、そして人間力を提案されています。
 講演は、スライドを使用しながら、福元氏の幼少期のエピソード、これまでのケガやアクシデント、またそれらを乗り越えてきた苦労・自身の信念・周囲の支えを語っていただきました。また、時折笑いを交えるなど約75分の講演があっという間に過ぎました。
 その後は質疑応答約30分、記録会参加者、また日頃トライアスリートのボランティアスタッフから様々な質問がありました。それらにも丁寧にお答えいただき、参加者全員とても有意義な時間を過ごせたようです。
 私自身も、福元氏の“諦めないことの大切さ。そして常に夢を持ち、前に進むこと。”に感銘を受け、トライアスロンを通じて自身の生き方を多くの人に伝える姿に尊敬の念を抱きました。
 この講演会の準備段階から、連絡を取り合っておりましたが、福元氏の人柄・人間力などなど多くのパワーをいただき、私自身とても有意義な経験をさせてもらいました。

2017年07月04日