「やまぐちの木で家を造る会」とは

今や地球環境の悪化は加速度的なスピードで進んでいます。特に二酸化炭素の問題は、私たち地球で生活している人間一人一人が十分に認識しなければ解決できるものではありません。現在の森林の状況は空気中の二酸化炭素を十分に固定する機能が衰えつつあります。
 間伐はもちろんのこと、高齢林の伐採により林分の若返り等も大変重要な森林施業です。
 私たちは、もっと森林がいかにあるべきかを本音で語り合い、地球の、いや山口の森林を守っていかなければなりません。よく森林を伐採することが悪いことのように言われますが、決してそうではないことをこれから勉強していきませんか。

(会の理念)
自然素材である木材を使用し、健康で快適な家づくりを目指す。
自然素材としての木材を使用し、廃棄時にはオガコやチップ等への再利用可能な、ゴミをなるべく出さない家づくりを目指す。
川上・川下関係者の連携により、木材価格の低迷で疲弊する山元へ資金を還元し、林業を持続的かつ健全に発展させるための家づくりを目指す。
地域材を利用することによって、国土の保全や水資源のかん養、地球温暖化防止等、様々な機能を有する緑豊かな森林を育て、都市に恵みをもたらす家づくりを目指す。


☆この会は、「山口県産木材の利用」と「やまぐちの森林を考える」ことを目的とし「やまぐちの森林」について興味のある方は是非参加してください。

  

(入会の手続)