湯田地区コミュニティ運営協議会
 
湯田地区ふるさとづくり推進協議会

 湯田地区ふるさとづくり推進協議会は、国の「ふるさと創生事業」を受けて、山口市が実施した「さとづくり・まちづくり推進事業」により平成元年に発足しました。

 ふれあいとぬくもりのある地域社会をつくるため、湯田地区の特性をいかした地域づくりを目的として活動をしています。

 平成2年には「湯田ふるさとまつり」の前身である湯田公民館まつりを「遊友湯まつり」と銘打って大々的に開催しました。また同じ年に「安心フェスタ」を開催し、このイベントは現在も「ふれあい安心安全フェスタ」として継続されています。安心安全フェスタは住民だけでなく、協力していただいている消防署や警察署、日赤等の方々からも、防災・防犯・救急に対する啓発のよい機会になると歓迎されています。

 平成12年から「里山づくり」事業として、湯田温泉発生の地とされる権現山周辺を整備し、登山道や子どもの遊び場を作り、桜やもみじの苗木を植えて、子どもからお年寄りまで誰もが利用できる公園づくりを行ってきました。

 そのほか、地域の方や観光客に湯田をより知ってもらい、もっと親しんでいただくために、「湯田ところどころマップ」(平成12年)、「であいふれあい湯田マップ」(平成20年)を作成して配布しました。

 「であいふれあい湯田マップ」には、湯田の名所・史跡を巡ることができる「ウォークラリーマップ」、公共施設やコミュニティバスの停留所等を記載した「便利マップ」等が含まれており、楽しみながら役立つ内容になっています。ご希望の方には湯田地域交流センターで配付しています。

 

 
   
  湯田地区コミュニティ運営協議会 〒753-0056 山口市湯田温泉5丁目5-50
電話 050-5207-1658