湯田地区コミュニティ運営協議会
 
 
湯田セフティネットワーク

 湯田地区は、温泉を観光資源として発展した町で、旅館街や歓楽街があり、市内でも賑やかな地域になっています。その一方で、若者のい集や自動二輪者の爆音走行、風俗環境の悪化(強引な客引き)や違法駐車等の苦情が寄せられたり、自転車の盗難や器物損壊事件が他の地区より多く発生しています。

 このような状況を改善するため、警察署の指導を受けて町内会が中心となり、行政関係者、学校関係者、地元の県・市会議員、旅館組合、料飲社交組合、警察・消防関係団体、社会福祉協議会、青少年育成団体、地元有志の方々等の協力を得て、平成13年に湯田セフティネットワークが発足しました。現在は14団体、40名で活動をしています。

 具体的な活動は、警察官とともに毎月第2・第4金曜日の午後9時から、繁華街や住宅街を、約1時間かけて巡回し、

 少年の飲酒・喫煙や公園等でのたむろ

 暴走行為や路上パフォーマンス

 放置自転車、違法駐車や違法看板
 交通マナーやごみのポイ捨て
等への注意や指導、チェックを行っています。
また、街をきれいにするため、巡回しながら沿道のゴミ拾いも行っています。

 


 このほか、湯田温泉駅の放置自転車の撤去作業や防犯広報チラシの配布、公園の安全点検等を山口市や警察と連携して行ってきました。

 このような活動実績が評価され、

平成15年:全国防犯連合会長表彰(社会安全貢献賞)

平成19年:警察庁長官表彰

平成23年:山口県防犯連合会長表彰

を受けています。

 今後も湯田地区の環境浄化を推進していきたいと考えていますので、巡回への参加等、皆様のご協力をお願いいたします。

 
   
  湯田地区コミュニティ運営協議会 〒753-0056 山口市湯田温泉5丁目5-50
電話 050-5207-1658