児童自立生活援助事業 自立援助ホーム「海北」
夢と希望の未来へ…


児童自立生活援助事業とは

 義務教育を終了した満20歳未満の児童であって、児童養護施設を退所したもの又はその他の都道府県知事が必要と認めたものに対し、これらの者が共同生活を営む住居(自立援助ホーム)において、相談その他日常生活上の援助、生活指導、就業の支援を行う事業です。(児童福祉法第33条の6)

施設概要

設立年月日 平成18年4月1日
住所 〒747-0064
山口県防府市大字高井701-4
Tell
Fax
0835-22-2044(代表)
0835-22-2271
経営主体 社会福祉法人 防府海北園
定員 男子6名
職員数 3名
設備 共有スペース:居間・台所・バス・トイレ
居室4部屋(1部屋2名)

入居案内

対象者 義務教育を終えた20歳までの男子
利用料 毎月30,000円(家賃、朝食・夕食、水道光熱費等)
期間 約1年(最長20歳まで)
約束 働くこと 詳細は”自立援助ホーム「海北」での生活について(PDF)”を参照して下さい
利用の流れ 利用を希望される方は、児童相談所または当ホームへ直接ご連絡下さい。
ホームの見学、及び職員より説明をいたします。
その後、入居を希望される場合には、山口県に利用申請をいたします。

Copyright(C) 2013 防府海北園 All Rights Reserved.