山口市菜香亭 トップページ サイトマップ
新着情報
◆講演会「古熊神社と古熊の歴史」
  参加者募集のお知らせ


 
 古熊神社は、応安6年(1373)大内弘世が北野天満宮より勧請、始めは山口市の北野小路に鎮座しました。元和4年(1618)長州藩初代藩主毛利秀就が現在の地に社殿を移し、今年遷座400年を迎えます。
 また、古熊の地は、大内氏の時代の山口十境詩「猿林暁月」に選ばれ、幕末には奇兵隊の屯所として同所にあった永福寺が使われたり、杉孫七郎の寓居跡や、山田宇右衛門の墓など、室町と幕末の歴史があります。
 今回は遷座400年祭の準備を進めている古熊神社真庭孝雄禰宜を講師に迎え、古熊神社と古熊の地の室町時代から幕末維新に至る歴史をお話しいただきます。ぜひご来場ください。


■日 時 平成30年7月7日(土)午後6時〜8時
■会 場 山口市菜香亭 大広間
■参加料 200円
■定員 70名(要予約:電話受付)
■講師 真庭孝雄(古熊神社禰宜)
■申込・問合先 山口市菜香亭
    (tel 083-934-3312)

↓チラシを掲載します。
 画像をクリックしたらPDFが開きます。

 



館長挨拶 施設概要 貸室利用案内 交通アクセス案内 月間行事予定 菜香亭トピックス 菜香亭サポーターズ リンク