ダイエット・シェイプアップ・アンチエイジング 加圧筋力トレーニングジム 【防府・山口・宇部】

山口防府加圧健康トレーニングセンター(ジム)
ご予約・ お問い合わせ Tel. 0835-28-7766
営業時間 朝9時~夜8時まで
 完全予約制 年中無休

加圧が効く!健康増進!ダイエット効果!血行促進!若返り!
TOP ご案内・アクセス 加圧筋力トレーニング ご検討中の皆さまへ お問い合わせ
効果の事例 体験談 効果の出やすい方・出にくい方 こだわり

加圧筋力トレーニングの理論と効果について

①筋力アップのメカニズム
加圧筋力トレーニングを利用すると、短期間・短時間・低負荷で筋肉を増大させる
ことが可能となります。
筋肉が増加し、持久力、瞬発力、筋力がアップするとスポーツ選手のパフォーマンス
向上に大きな効果を発揮します。
このトレーニング効果は、野球、ゴルフ、陸上、テニス、サッカー、ラグビーなど
様々なプロ・アマスポーツ界で利用されております。
スマートリンクセラピーを絡めるとその効果は更に大きくなります。

2種類の筋肉の特徴 私たちの体の筋肉は、「遅筋(ちきん)」「速筋(そっきん)」の2種類からなります。
遅筋は酸素を使い活動し、ほとんど太くならない筋肉です。速筋は酸素がなくても糖分を
燃料にし活動でき、太く発達していきます。
筋力アップをするためには、速筋を鍛えることが必要になってきます。
少しの負荷で速筋を鍛えるために 少しの負荷でもすぐに運動を始める遅筋に対して、速筋は通常大きな負担をかけなければ
活動しません。
そこで活躍するのが、加圧筋力トレーニングです。
遅筋を助けるために速筋が働く 加圧によって適度に血流を制限することによって、遅筋が活動するための酸素が不足する
状態になります。その状態で加圧をすると、遅筋を助けるため速筋が働き始めます。
脳がだまされることで筋肉が活性化 加圧をすることによって、実際には軽い負荷にもかかわらず、長時間辛いトレーニングを
したときと同じぐらいの活性化が筋肉で起こります。脳がだまされる状態になります。


②血流アップのメカニズム
加圧筋力トレーニングを行うと、大幅に血流が改善いたします。
血行がよくなると新陳代謝が活発になり、脂肪が燃焼しやすい体になることが
期待できます。
血行が促進されると、美肌効果(目の下のクマ・くすみの改善)・冷え性の
改善・肩こり、腰痛など筋肉の症状の改善・高血圧、動脈硬化の予防など
うれしい効果がたくさん期待できます^^
血流を適度に制限する 腕や脚の付け根にベルトを巻いて、適正な圧を加えて血流を適度に制限します。
すると、その加圧によって筋肉の中の動脈と静脈がそれぞれ適当な圧で加圧され、
筋肉の中には血液が入ってくるが、外に出にくい状態になります。
抹消の血管に血液がまわる 筋肉の中から血液が出にくい状態になると、普段使われていない抹消の血管にも血液が
めぐる状態になります。加圧をすると手の平が赤くなるのは、酸素が細胞の隅々まで
行き届いているからです。
除圧すると老廃物が押し流される トレーニング後、加圧を緩めて圧を抜くと、多量の血液が一気に流れます。
このとき、血流を妨げていた老廃物が押し流されます。
そして赤くなった手の平は元の色に戻ります。
血管の弾力性がでる 加圧して、その後除圧する。これを繰り返すことによって、血管の拡張・収縮の機能が
高まり、加齢によって弾力性がなくなり血圧が上昇する血管も、弾力性を取り戻して
若返ります。


③成長ホルモン分泌のメカニズム
 ●アンチエージング・若返り効果
  加圧筋力トレーニングによる”数百倍の成長ホルモン”、”毛細血管の活性化”は
  大きな若返り効果を引き出します。
  肌に張りが出た、爪が割れなくなった、髪の毛が綺麗になった、体のたるみが
  無くなったなど、様々な効果が実感できると思います。

 ダイエット効果
  加圧ダイエットは、週に1度、30分程度のトレーニングを行います。
  トレーニングを続けると、早い方は”1ヶ月でウエストが10cm”細くなるなど劇的な変化を見せます。
  このトレーニングは体重を落とすことに主眼を置いているのではなく、より美しく体を引き締めるためのトレーニングです。
  勿論結果的に体重は落ちてくるのですが、その前にウエストや足の太さが引き締まり、見た目が綺麗にシェイプアップされ
  ます。
  ”下半身が痩せない”、”リバウンドしてしまった”、”ダイエットで体調を崩した”などの苦い経験をお持ちの方に是非お試し
  頂きたいダイエット法です。

加圧で乳酸が蓄積 加圧によって速筋が活動を始めると、乳酸という疲労物質が溜まっていきます。
加圧によって血流が制限されているので、乳酸は外に出ることが出来ず、
筋肉の中にどんどん蓄積されていきます。
成長ホルモンの分泌 乳酸が蓄積されると、筋肉の中にある感覚神経が感じ取り、脳の視床下部(自律神経の
働きをコントロールしている中枢)に信号を送ります。
視床下部は脳下垂体に指令を送り、成長ホルモンが分泌されます。
大量の成長ホルモン 成長ホルモンは、若返りホルモンとも言われています。
加圧筋力トレーニングをしたときの血中濃度は、通常のトレーニングの約10倍、
安静時に比べると290倍にもなることがわかりました。
すぐれたダイエット効果 成長ホルモンには、体脂肪を分解させる効果があります。
多量の成長ホルモンは、血流にのって全身をめぐり、脂肪細胞に作用し、
中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解します。
 

   

sitemap  link
 COPYRIGHT(C)2009~2017. 山口防府加圧健康トレーニングセンター(ジム) All right reserved