阿知須浦の廻船業と中川家

旧中川家住宅は、江戸時代後期から明治にかけて、中川氏野村屋の帆船、住吉丸、政栄丸などが、瀬戸内海の塩を筑後米と交易し大阪で、販売、利益をあげて阿知須浦廻船業の中心となりました。
明治時代、大工の部坂小右衛門により建築された中川家は、阿知須の居蔵造りの特徴を備えた建築の ひとつです。現在は,山口市の施設として廻船業と居蔵造りの街の歴史を伝える資料館、郷土学習、地域交流の場となっています。

お知らせ

2024年05月28日
イベント情報、7月7日二胡の演奏会の開演時間が間違っており訂正しました(開演午後1時〜2時)
2024年05月27日
イベント情報更新しました
2024年05月13日
朗読茶会(5/12)の模様をいぐらだよりに追加しました。
2024年05月13日
イベント情報更新しました。
2024年04月29日
お煎茶会の模様、いぐらだよりに追加しました。
» 続きを読む