大内文化探訪会

大内文化探訪会とは

 昭和57年、山口県生涯教育センター主催の高等学校開放講座が始まり、山口高校で大内文化をテーマにした歴史講座が開催され、講座終了後、有志12名によって「大内文化探訪会」が結成されて今日に至っています。
 現在、特別会員を含む会員数約130名で、「公開歴史講座の開催」、「現地探訪」、「研究活動」、「ボランティア活動」、「会誌等書籍の発行」などの活動を行っています。
 当会に入会ご希望の方は、ハガキもしくはEメールで、郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記のうえ下記大内文化探訪会宛お申込みください。

トピックス

2022年 9月 3日(土) 『秋の講習会』を開催しました。
会員を対象とした上記第一回目の講習会を開催しました。今後、月2回の頻度で計4回開催する予定です。
2022年 6月18日(土) 3月から開催してきました新規会員10名を対象とした「大内氏基礎歴史講座」全8回が、本日無事終了しました。
2022年 6月16日(木) 今年度秋の事業計画についてお知らせです。
研修部の行事につきましては、コロナの感染収束の見通しが立たないため今年度も公開歴史講座の開催は中止することにし、「大内氏歴代当主とゆかりの地」を教材とした「秋の講習会」を4回開催することにしました。
探訪部につきましては、計画どおり10月と11月に現地探訪会を開催します。
会員の皆様には、創立40周年記念の会誌40号と合わせて、研修部の行事の詳細と申込み方法などを送付させていただきますので、確認のほどよろしくお願い申し上げます。
今年度の行事予定につきましては行事予定(こちら)からもご参照ください。
2022年 5月28日(土) 3年ぶりにバスを利用した探訪会をコロナ対策を行って開催、周南市の陶氏ゆかりの地を探訪しました。
2022年 5月22日(日) 本日有志11名により、山口市内大内御堀の乗福寺にある琳聖太子の供養塔、大内氏第22代重弘公と第24代弘世公のお墓の清掃を行いました。
2022年 4月23日(土) 今年度第1回目の探訪会を開催、小郡の山手地区の史跡を探訪しました。
2022年 3月25日(金) 探訪部からの連絡です。
会員を対象とした今年度の現地探訪計画のうち、4月23日(土)に実施する小郡地区と5月28日(土)に実施する周南市陶氏関連地区の参加申込みの受付を開始しました。
詳細は文書でお送りしましたのでご参照の上、お申込みください。
2022年 3月 5日(土) 『大内氏基礎歴史講座』の開催開始。
「会員増員キャンペーン」の一環として計画しました、新規会員を対象とした上記第一回目の講座を開催しました。今後、月2回の頻度で計8回開催する予定です。
2022年 2月22日(火)  今年度の総会は、新型コロナウイルスの影響により中止となりましたので、議案につきまして書面表決とさせていただきましたが、会員総数102名のうち80名の方に返信ハガキをいただきすべて議案に賛成の回答をいただきました。
 従いまして、令和3年度の活動結果および令和4年度の事業計画は了承されましたのでご報告いたします。
同時にいただきましたご意見などにつきましては、今後の活動に反映させていきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
 なお、新型コロナウイルスにつきましては未だ収束の見込みは立っていませんので、今後の事業計画に変更が生じるようなことがありましたら、改めてご連絡させていただきますので重ねてよろしくお願い申し上げます。
2022年 1月13日(木) 会員増員キャンペーン実施中。
大内文化探訪会の活動の継続と活性化のため、現在新規会員の募集を行っています。
当会に入会していただきますと「40周年記念事業の一環として作成した冊子“大内氏歴代当主とゆかりの地”を贈呈」、「大内氏基礎歴史講座の受講」の特典があります。
入会ご希望の方は、この機会に下記問合せ先までご連絡いただきますようよろしくお願い申し上げます。
2022年 1月13日(木) 令和4年度通常総会中止のお知らせです。
1月15日(土)に開催を予定しておりました令和4年度の通常総会は、オミクロン変異株により新型コロナウイルスの感染が急拡大しているため、開催を断念し中止させていただくことにしました。
会員の皆様には、15日付で「総会資料」をお送りいたしますので、ご一読の上同封の返信ハガキに議案の承諾について記入・投函していただきますとともに、会費の納付につきましてもよろしくお願い申し上げます。
なお、同時に開催を予定しておりました北島大輔講師による特別講演「考古の青春ー旧制山高歴史教室と郷土史研究會ー」は、機会を改めての開催とさせていただきたいと思います。
以上、昨年に引続いての総会中止となりますが、会員の皆様のご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
今年度の行事予定(案)につきましては行事予定(こちら)をご参照ください。