Latest releases

About this web site

Mick Karn's Japanese fan site [ THE SOUND OF WAVES ]
(C) takeuta 2003-2021

system requirements ;
Opera,Firefox,Chrome,Safari

takenoutaをフォローしましょう mixiに参加してます。

last updated: 11,Jun,2021
■news
[Boys Keep Swinging](JAPAN) [Quiet Life box-set](JAPAN) [Live From The Budokan...](JAPAN) [JAPAN 1983-1991](JAPAN-mook)

See the following for details ↓

news

[ BOYS KEEP SWINGING - The Classic 1981 Broadcast -] (unofficial live album) JAPAN

Boys Keep Swinging

2021/05/11 UK

  1. SWING
  2. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS
  3. ALIEN
  4. ....RHODESIA
  5. QUIET LIFE
  6. MY NEW CAREER
  7. TAKING ISLANDS IN AFRICA
  8. METHODS OF DANCE
  9. AIN'T THAT PECULIAR
  10. HALLOWEEN
  11. EUROPEAN SON

From a live FM broadcast
at Hammersmith Odeon,
London, England, UK
on the 7th February 1981.

"Gentlemen Taka Polaroids Tour"

日本盤未発売、ブートレッグ
  • 2021年05月11日発売(英国盤)

ラジオ放送のブートレッグが多い SUTRAからリリース。 元音源は、ジャパンの1981年ハマースミスオデオンでのライブを BBCがラジオでオンエア。 当時は、そのオンエアと、レコード「BBCインコンサート」リリース。

そして日本ではNHK-FMでオンエアされた。 NHKでは不定期で多くのロックアーティストの 「BBCライブ」がオンエアされていた。

当時もブートレッグで人気の音源。 まさか2021年にCDでリリースされるとは。 あらためて本家BBCのオフィシャルリリースもあるといいなぁ。

この頃からの「ヨーロピアン・サン」のライブ用アレンジは、 オリジナルとはかなり異なり、一聴の価値あり!かっこいいです。 「ハロウィーン」のアレンジも興奮モノ! なんといっても、BBCライブは音質がいい。 ブートレッグでも安心して聴けます。

番組放送時間の関係でライブ全編ではありませんが、 アルバム一枚分に相当する収録時間は心地よく聴けます。 そしてアルバムと異なるアレンジも相まって、 未視聴の方はさらに新鮮な気持ちで聴けること間違いなしです。

ジャケットやタイトルから、よくあるアリオラ時代の編集盤かと思ってましたが、 まさかの”あの”BBCライブのCDだったとは、購入が遅くなりました(´;ω;`)ウゥゥ

[BBC IN CONCERT 249 - JAPAN]

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

YouTube

[ BBC in concert ]

Swing

Halloween

European Son

top of page

[ QUIET LIFE ] (Deluxe Box Set - LP+3CD) JAPAN

QUIET LIFE Deluxe Box Set

2021/03/05 EU

QUIET LIFE Deluxe Box Set

[LP] QUIET LIFE
(2021 REMASTERED)

(SIDE A)

  1. QUIET LIFE
  2. FALL IN LOVE WITH ME
  3. DESPAIR
  4. IN-VOGUE

(SIDE B)

  1. HALLOWEEN
  2. ALL TOMORROWS PARTIES
  3. ALIEN
  4. THE OTHER SIDE OF LIFE

QUIET LIFE Deluxe Box Set

[sleeve in 3CD]

[CD 1] QUIET LIFE
(2021 REMASTERED)

  1. QUIET LIFE
  2. FALL IN LOVE WITH ME
  3. DESPAIR
  4. IN-VOGUE
  5. HALLOWEEN
  6. ALL TOMORROWS PARTIES
  7. ALIEN
  8. THE OTHER SIDE OF LIFE

[CD 3] LIVE AT BUDOKAN
27/03/1980

  1. Intro
  2. Alien
  3. ...Rhodesia
  4. Quiet Life
  5. Fall In Love With Me
  6. Deviation
  7. All Tomorrow's Parties
  8. Obscure Alternatives
  9. In Vogue
  10. Life In Tokyo
  11. Halloween
  12. Sometimes I Feel So Low
  13. Communist Chine
  14. Adolescent Sex
  15. I Second That Emotion
  16. Automatic Gun
「 クワイエット・ライフ 」
(Deluxe Box Set) ジャパン
  • 2021年03月05日発売(EU盤)

なんかすごいアイテム(*´ω`*) 「クワイエット・ライフ」の豪華ボックスセット。 リマスター盤をヴァイナルとCDで。 そしてレアトラック集と、1980年の武道館ライブ! なおリマスターのヴァイナルとCDは分売で同時発売。 うーむ…レアトラックとライブも分売してほしいな (´・ω・`)

ヴァイナルはハーフスピード・リマスター、180グラム重量盤。 レア・トラック集は「Quieter Life」というタイトルが付けられたCD。

日本盤は出るのか?他のアルバムのボックスはあるのか? これからの展開も気になるファン垂涎の豪華アイテム。 ジャパンファンにとって、今年一番のプレゼントになるか。
(※今年はまだ残りの方が多いけどね)(*´▽`*)

Burning Shed では、140グラム重量盤の赤いカラー・ヴァイナルと 本ボックスセットをバンドルした さらなる豪華アイテムもリリース。

いくつかのダウンロードサイトでは、 CDと同じ内容のMP3やFLACの ファイル・ダウンロード販売も用意されている。 曲ごとの購入もでき、全曲購入でもお手頃価格。

レコードを含むボックスセットということもあり、 箱はかなり厚く丈夫な仕様で、それがさらに『宝物感』を感じさせる。 リマスター音源、ボックスの仕様、アナログ盤とCDなどなど ファン垂涎のアイテムでありながら値段も妥当以上ですなぁ。 (※LP1枚、CD3枚ということで考えたらの話ね。) 値段に関しては輸入盤ということもあり、 各購入先で若干異なるので要注意。

今回の目玉のひとつ1980年の武道館ライブは、 導入部でいきなり近い距離から聞こえる声援で オーディエンス録音だとわかる。 少し聴き慣れると、曲部分が前に出るので、 それほど聴きづらくはない。(ブートあるあるw) むしろ音質は気にせずダイナミズムを感じてほしい。 1曲目「Intro」は「Despair(絶望)」のイントロ部分。

[QUIET LIFE] first issue…オリジナル盤の解説

[CD 2]
A QUIETER LIFE / ALTERNATIVE MIXES & RARITIES

  1. European Son (Steve Nye 7"remix 1982)
  2. Life In Tokyo (Steve Nye 7"special remix 1982)
  3. Quiet Life (Original German 7" mix 1980)
  4. I Second That Emotion (Steve Nye 7" remix 1982)
  5. All Tomorrows's Parties (Steve Nye 7" remix version 1983)
  6. European Son (John Punter 12" mix 1980)
  7. Life In Tokyo (Steve Nye 12" special remix version 1982)
  8. I Second That Emotion (Steve Nye 12" remix version 1982)
  9. All Tomorrow's Parties (Steve Nye 12" remix version 1983)
  10. European Son (Steve Nye 12" remix version 1982)
  11. Quiet Life (Japanese 7" mix 1980)
  12. A Foreign Place
  13. All Tomorrow's Parties (John Punter 7" mix 1979)
  14. Life In Tokyo (Theme Giorgio Moroder version 1979)
  15. Deviation (Live In Japan EP)
  16. Obscure Alternatives (Live In Japan EP)
  17. In-Vogue (Live In Japan EP)
  18. Sometimes I Feel So Low (Live In Japan EP)

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

MAGAZINE - 音楽雑誌

top of page

[ QUIET LIFE ] (2021 REMASTER-Vinyl) JAPAN

QUIET LIFE

2021/03/05 EU

(SIDE A)

  1. QUIET LIFE
  2. FALL IN LOVE WITH ME
  3. DESPAIR
  4. IN-VOGUE

(SIDE B)

  1. HALLOWEEN
  2. ALL TOMORROWS PARTIES
  3. ALIEN
  4. THE OTHER SIDE OF LIFE
「 クワイエット・ライフ 」
(2021 REMASTER-Vinyl) ジャパン
  • 2021年03月05日発売(EU盤)

「クワイエット・ライフ」のリマスター盤ボックスセットと同時発売のヴァイナル単体盤。 黒い通常盤ヴァイナル(180g)と、赤いカラー・ヴァイナル(140g)の2種類をリリース。

QUIE LIFE red vinyl QUIE LIFE vinyl

■ [QUIET LIFE] (2021remaster-Vinyl)

[QUIET LIFE] first issue…オリジナル盤の解説

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

[ 輸入盤 ]

amazon HMV icon TOWER RECORDS

[ 輸入盤 RED ]

amazon TOWER RECORDS

top of page

[ QUIET LIFE ] (2021 REMASTER-CD) JAPAN

QUIET LIFE

2021/03/05 EU

  1. QUIET LIFE
  2. FALL IN LOVE WITH ME
  3. DESPAIR
  4. IN-VOGUE
  5. HALLOWEEN
  6. ALL TOMORROWS PARTIES
  7. ALIEN
  8. THE OTHER SIDE OF LIFE
「 クワイエット・ライフ 」
(2021 REMASTER-CD) ジャパン
  • 2021年03月05日発売(EU盤)

「クワイエット・ライフ」のリマスター盤ボックスセットと同時発売のCD単体盤。

QUIE LIFE

■ [QUIET LIFE] (2021remaster-CD)

[QUIET LIFE] first issue…オリジナル盤の解説

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

top of page

Mick Karn's Profile

[ Mick Karn ] ( Fletless Bass, Sax, Clarinet, Oboe, )

Born :
24th Jul.1958
in Nicosia, Cyprus
Birth Name :
Andonis (later Anthony) Michaelides

His family emigrated to London, England, when he was three years old.

Died :
4th Jan.2011 (ages 52)
in Chelsea,London,UK

member in "JAPAN"
(1978~1982)
solo works (1982~2011)
"DALIS CAR"
(1984, 2011)
"RAIN TREE CROW"
(1991)
"JBK(Jansen-Barbieri-Karn)"
(1993~2001)
and more …

ミック・カーン
1958年07月24日、
キプロス島ニコシア生まれ。
3才の時に、イギリス、ロンドンに移住。

本名 アンソニー・ミカエリデス

1975年頃、サウス・ロンドン、ルイスシャン のハイ・スクールで、デヴィッド・シルヴィアン、 スティーヴ・ジャンセンとバンドを結成。 後にリチャード・バルビエリ参加。 4人はハイ・スクールを退学してから、 メロディ・メイカー紙で、ギタリストを募集。 ロブ・ディーンが加入。

同バンドは、アリオラ・ハンザ・レコードから、 1978年にジャパンとしてデビューする。 デビュー当初は、そのルックスとメイクに注目が集まる。 ミックも、その髪を紫やオレンジに染め、 眉毛をそり落とし、強烈なイメージを放っていた。

サード「クワイエット・ライフ」あたりから、 唯一無二のジャパン・サウンドと呼べるものが 確立され始めると、音楽的評価も上がり始めた。 傑作「錻力の太鼓」を最後に、1982年ジャパンは解散。

ジャパン在籍時から他のミュージシャンから セッションへの誘いがあったミックは、 ソロ・ミュージシャンとしての活躍以外に、 他ミュージシャンとのセッションも数多くこなす。

その独特のフレットレス・ベースのサウンドは ジャパン在席時から、様々なアーティストから 注目されるも、本人は自己流でマスターした そのベースプレイにコンプレックスを持ち ”自分のプレイが評価されるのは フェアじゃない気がする” と音楽業界から身を引こうとまで考えたこともある。

ギタリストのデヴィッド・トーンが ”君にしかできないプレイなんだから、 自信を持って良いんじゃないか” と…。 そして今まで以上にミックは 精力的に活躍してゆくことになる。

自己流から生まれた”個性”… そしてそれは世界中から求められる演奏。 唯一無二のミックのベースプレイはスゴイ! サックスやクラリネットのプレイにもセンスが光る。

2010年6月、ガンであることを公表。 ミッジ・ユーロやスティーヴ・ジャンセンなど 旧友たちが、ミックを支援するために行動し、 ミックの回復を期待する声が高まっていた。 しかし、2011年1月4日、 ロンドンの自宅にて息を引き取る。享年52。

偉大なるミュージシャン、ベーシスト、 僕らにステキな音楽を与えてくれたミック。 安らかに・・・。

LINK - 関連サイト

Mick Karn Solo

YouTube

top of page

JAPAN 1978-1980
  • David Sylvian : vocal, guitar, keyboard
  • Mick Karn : bass, sax
  • Steve Jansen : drums, percussion
  • Richard Barbieri : keyboard
  • Rob Dean : guitar

JAPAN 1981-1982
RAIN TREE CROW 1991
  • David Sylvian : vocal, guitar, keyboard
  • Steve Jansen : drums, percussion, keyboard
  • Richard Barbieri : keyboard, programming
  • Mick Karn : bass, sax, oboe

DALIS CAR 1984, 2011
  • Peter Murphy :
    vocal, lylics
  • Mick Karn :
    all instruments, compose

JBK (Jansen-Barbieri-Karn)
1993-2001
  • Steve Jansen : drums, percussion, vocal
  • Richard Barbieri : keyboards
  • Mick Karn : bass, sax

Lonely Universe
with David Torn, Mick Karn
1990 (rec. 1988)
  • Michael White : trumpet
  • Michel Lambert : drums
     
    with
  • David Torn : guitar
  • Mick Karn : bass

Polytown ( Torn/Karn/Bozzio )
1994
  • David Torn : guitar
  • Mick Karn : bass
  • Terry Bozzio : drums

NINA 1999
  • Kate Pierson : vocal (B-52's)
  • Yuki : vocal (JUDY AND MARY)
     
  • Masahide Sakuma :
    guitar, keyboard, bass, programming
  • Takemi Shima :
    conceptual and visual agent provocateur
     
    with
  • Mick Karn : bass
  • Steven Wolf : drums, percussion

The d.e.p 2001
  • Masahide Sakuma : guitar, keyboard
  • Vivian Hsu : vocal
  • Mick Karn : bass
  • Gota Yashiki : drums
  • Masami Tsuchiya : guitar

佐久間正英
ビビアン・スー(徐若?)
 ※最後の一字は、王に宣と書く。
 
ミック・カーン
屋敷豪太 (GOTA)
土屋昌巳

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
Mick Karn
in JAPAN (UK Rock Band)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
Mick Karn
in Some Projects

top of page

David Sylvian to Mick Karn

[ A Certain Slant Of Light (for M.K.) ] David Sylvian

[ download a free MP3 ]
2010/06/11

Download a free MP3 of David's recording of the Emily Dickinson poem.

David Sylvian played this song.
It is the song to which it was making a donation to the Mick.

2011/05/23 UK,US 2011/06/02 JAPAN

Another version was recorded on the album "Died In The Wool" .

It's not a performance by Mick Karn

「 ア・サーテイン・スラント・オブ・ライト 」

  デイヴィッド・シルヴィアン

■ 2010年06月11日ダウンロード開始

ミック・カーンがガンであることを発表したことを受けて ジャパン時代の盟友デヴィッド・シルヴィアンがミックに捧げた曲。 デヴィッドのサイトから、MP3による無料ダウンロードで聴くことができる。 詩はアメリカの詩人エミリー・エリザベス・ディキンソンのもの。

翌年デヴィッドのアルバム「ダイド・イン・ザ・ウール」に別ヴァージョンが収録される。

  • A Certain Slant Of Light
    (early version, 2010)

YouTube

top of page

Fretless Bass which Mick played

[ Wal Custom Model Fretless ]

MICK KARN

ウォル・カスタム・モデル・フレットレス

その独自の演奏スタイルを持つ ”フレットレス・ベース”は後期ジャパンのサウンド の方向性に大きな影響を与えた。

ドラムのスティーヴ・ジャンセンのタムの手数 が多いのはミックのベースがメロディアスな為に、 リズムを刻む役割を補う形になったのでは?

ジャパン後期から愛用の4弦のカスタムメイド のウォル(画像左)に加え、ソロ活動後は5弦ウォルも使われる。

Wal は、現在、生産休止の状態です。 製造再開の準備が、おこなわれている模様です。 このあたりの事情は、ウィキペディアをご覧ください。

LINK - 関連サイト

top of page

[ Travis Bean TB2000 ]

MICK KARN

トラヴィス・ビーン TB2000

ウォル購入以前、メインで使われていたベース。 クリストフ清水さん、情報ありがとうございます(*^_^*)。 ヘッドがTの字にくり抜いてあるのが特徴的。

現在は生産されておらず、幻の名器として有名。超プレミア。 なお、トラヴィス・ビーン社製品の画像が見れるサイトがあります。 (※右サイドバーにリンクを貼っております。)

LINK - 関連サイト

top of page

autobiography

[ JAPAN & SELF EXISTENCE ]   Mick Karn (Paperback for Japan)

2011/07/25 JAPAN
[ language : Japanese ]

「ミック・カーン自伝」

■ 2011年07月25日 書籍 日本発売

著者:ミック・カーン(2009年)
訳者:中山美樹 日本版出版:リットーミュージック

日本版特別寄稿:SUGIZO、土屋昌巳

544ページ、価格 2,940円(税込)

MARKET - 購入サイト

[ amazon で購入 ]
 (日本版)

ミック・カーン自伝

[ HMV で購入 ]
 (日本版)

ミック・カーン自伝

top of page

[ JAPAN & SELF EXISTENCE ]   Mick Karn (Paperback)

2009/09/10 UK
[ language : English ]

「ミック・カーン自伝」原語版

■ 2009年09月10日 書籍 英国発売

Author : Mick Karn

Publisher : MK Music (2009)

388 pages, $48.95

MARKET - 購入サイト

top of page

Another takeuta's web site