musicians 1

Steve Jansen ( drums, percussion, programming )

His performance with Mick
  • TITLES
  • DREAMS OF REASON PRODUCE MONSTERES
  • BESTIAL CLUSTER
  • EACH EYE A PATH
  • RAIN TREE CROW
    (RAIN TREE CROW)
  • BEGINNING TO MELT
    (JANSEN/BARBIERI/KARN)
  • SEED
    (JANSEN/BARBIERI/KARN)
  • _ISM (JBK)
  • PLAYING IN A ROOM WITH PEOPLE
    (JBK)
  • INGLADALONENESS
    (DALIS CAR)
  • and JAPAN's all albums
スティーヴ・ジャンセン

イギリス・ケント州ベッケナム出身のミュージシャン、ドラマー、エンジニア。 本名スティーヴン・バット(Stephen Batt)。 1975年に兄デヴィッド・シルヴィアン、ミック・カーン、リチャード・バルビエリ、 ロブ・ディーンらとジャパン結成。1982年ジャパン解散。 その甘いマスクで日本での人気は、時に兄を凌駕するほど。

ジャパン解散後は、そのドラム・テクニックでアイスハウス、プロパガンダ、一風堂、 アリーチェ(ALICE)、アンドレア・キメンティ、 高橋幸宏、坂本龍一など、数々のセッションやツアーに参加。

また、Jansen/Barbieri/Karn として、 ミックとも数多く共演。ミックのソロ2作目[Dreams Of Reason Produce Monster]では、 ドラムのみならず、共同プロデュースとしても参加している。 2007年には初のソロ名義のアルバム[Slope]を発表

His performance
  • [Stories Across Borders]
    Jansen-Barbieri
  • [Stone To Fresh]
    Jansen-Barbieri
  • [Stay Close]
    Yukihiro Takahashi and Steve Jansen
  • [Changing Hands]
    Jansen-Barbieri-Takemura
  • [Pulse]
    Pulse (Yukihiro Takahashi and Steve Jansen)
  • [Snow Borne Sorrow]
    Nine Horses
  • [Slope]
    Steve Jansen

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

top of page

Richard Barbieri ( synthesizer )

His performance with Mick
  • TITLES
  • BESTIAL CLUSTER
  • THE TOOTH MOTHER
  • EACH PATH A REMIX
  • RAIN TREE CROW
    (RAIN TREE CROW)
  • BEGINNING TO MELT
    (JANSEN/BARBIERI/KARN)
  • SEED
    (JANSEN/BARBIERI/KARN)
  • _ISM (JBK)
  • PLAYING IN A ROOM WITH PEOPLE
    (JBK)
  • and JAPAN's all albums
リチャード・バルビエリ

イギリス・ロンドン出身のミュージシャン、キーボーディスト。 元ジャパンのシンセサイザー奏者。 日本では、バルビエリともバービエリとも表記される。

後期ジャパンにおける独特のプロフェット5の音色作りは、リッチのセンスによるもの。 ジャパン解散後は、スティーヴ・ジャンセンとの活動が多かったが、 1993年からは、ジャンセン・バルビエリ・カーンとしても共演していた スティーヴン・ウィルソン率いるポーキュパイン・ツリー(Porcupine Tree)に参加。

1997年には実質的なソロアルバムとも言える[Indigo Falls]を 妻のスザンヌをヴォーカルに迎えて発表。2005年には初のソロ名義のアルバム[Things Buried]を発表。 

His performance
  • [Indigo Falls]
    Indigo Falls (Richard & Suzanne J.Barbieri)
  • [Things Buried]
    Richard Barbieri
  • [Strenger Inside]
    Richard Barbieri
  • [Flame]
    Richard Barbieri and Tim Bowness
  • [Coma Divine]
    Porcupine Tree
  • [The Incident]
    Porcupine Tree
  • [T'ai]
    Barbieri/Roedelius/Chianura

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

top of page

David Sylvian ( vocal, guitar, keyboard )

His performance with Mick
  • DREAMS OF REASON PRODUCE MONSTERES
  • RAIN TREE CROW
    (RAIN TREE CROW)
  • and JAPAN's all albums
デヴィッド・シルヴィアン

イギリス・ケント州ベッケナム出身のミュージシャン、シンガー・ソングライター。 本名デイヴィッド・アラン・バット(David Alan Batt)。 ジャパンのヴォーカリストにして中心人物。 ジャパン解散後、ソロ活動と共に坂本龍一やロバート・フリップなどとのコラボでも多くの傑作を残す。

ミックとは、ジャパン解散後、交わることは無かったが、 シングル [Buoy] とそれを収録したアルバム [Dreams Of Reason Produce Monsters] で共演。 やはり、ミックのベースとデヴィッドのヴォーカルは、 強烈な個性同士ながら、抜群の相性で、奇跡的な共演となりファンを喜ばせた。

ジャパン解散時の4人が再び集まりレコーディングした [Rain Tree Crow] 以後は、 再び袂を分かつが、ミックのガン公表を知り、デヴィッドはミックに捧げる [A Certain Slant Of Light] という曲を、ミックの全快を祈り発表。 この曲はアレンジを変え、アルバム [Died In The Wool] にも収録された。

His performance
  • [Secrets Of The Beehive]
    David Sylvian
  • [Everything & Nothing]
    David Sylvian
  • [The First Day]
    David Sylvian and Robert Fripp
  • [Snow Borne Sorrow]
    Nine Horses

LINK - Offcial site

MARKET - 購入サイト

top of page

Peter Murphy ( vocal, lyrics )

His performance with Mick
  • THE WAKING HOUR
    (DALIS CAR)
  • INGRADALONENESS
    (DALIS CAR)
ピーター・マーフィー

イギリス・ノーザンプトンシャー州出身のミュージシャン。 本名ピーター・ジョン・マーフィー(Peter John Murphy)。
後にゴシック・ロック(ゴス)やポジティブ・パンクと呼ばれるジャンルの雄である イギリスのバンド バウハウスのヴォーカルとして、1979年デビュー。

ジャパン解散後のミックと、バウハウス解散後のピーターが結成したダリズ・カー。 しかし、レコーディング途中で方向性の相違から分裂。 そのアルバム [The Waking Hour] は、衝撃的なサウンドだった。 ファンはバンドの継続に期待するが、二人は何年も再会することはなかった。

時を経て、ミックがガンに侵されていることを公表。 ピーターは、過去の確執を越え、ミックに再結成を打診。 ダリズ・カーのニュー・アルバムが 制作されることとなった。残念ながらこのアルバムはミックの遺作となってしまった。

1984年のダリズ・カー解散後のピーターは、ソロアーティストとして活躍。 バウハウスとしてもライブでの再結成を経て、 2008年新作アルバム [Go Away White] も発表されるが、 メンバーはこれ以降、バウハウスの再結成はないと発言している。

His performance
  • [Mask]
    Bauhaus
  • [Burning From The Inside]
    Bauhaus
  • [Love Hysteria]
    Peter Murphy
  • [Ninth]
    Peter Murphy

LINK - Offcial site

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Midge Ure ( vocal, guitar, keyboard... )

His performance with Mick
  • AFTER A FASHION
    (MIDGE URE & MICK KARN)
  • ANSWERS TO NOTHING
    (MIDGE URE)
  • LITTLE ORPHANS
    (MIDGE URE)
ミッジ・ユーロ

イギリス・スコットランド出身のミュージシャン、ギタリスト、プロデューサー。 本名:James Ure 。 1979年、ウルトラヴォックス  にジョン・フォックスの後任として参加。 バンドの黄金期を築く。 同時にヴィサージにも音楽面での中心人物として参加。

1985年からはソロ・アルバムも発表。 1980年代は、バンド・エイド、ライブエイドなど 世界的チャリティ・プロジェクトの中心的メンバーや、 英国王室主催のプリンス・トラストの常連としても活躍。

ミックとは1984年のシングル [After A Fashion] やプリンス・トラストで共演。 二人の関係は良好なもので、 後にジャンセン、バルビエリとミックも参加したセッションも行われる。 ミックが病を公表した時も、いち早く全快を祈りエールを送った一人である。

His performance
  • [Vienna]
    ULTRAVOX
  • [The Anvil]
    VISAGE
  • [The Gift]
    Midge Ure
  • [Do They Know It's Christmas?]
    BAND AID

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Masami Tsuchiya ( guitar, vocal )

His performance with Mick
  • OIL ON CANVAS (JAPAN)
  • _ISM (JBK)
  • RICE MUSIC
    (MASAMI TSUCHIYA)
  • LIFE IN MIRRORS
    (MASAMI TSUCHIYA)
  • HORIZON
    (MASAMI TSUCHIYA)
  • MOD' FISH
    (MASAMI TSUCHIYA)
  • 森の人 FOREST PEOPLE
    (MASAMI TSUCHIYA)
  • APACHE 61 (APACHE 61)
  • Q:ARE WE ANARCHIST
  • GRAND CROSS 1999
  • WE ARE THE D.E.P (THE D.E.P)
  • ITAI (THE D.E.P)
  • THE END OF THE BEAUTY
    (LOSALIOS)
土屋昌己

静岡県出身。ミュージシャン、ギタリスト、プロデューサー。 元 一風堂のヴォーカル、ギター、リーダー。 ジャパンのラストツアーにはギタリストとして参加。 俳優として映画「沙耶のいる透視図」に主演している。

ミックとは、土屋昌己のソロ・アルバムの多くと、 JBKの [_ism]、The d.e.p、SUGIZO関連の企画盤などで共演。 他にもトリビュート盤やスーパー・グループなどミックとの共演は多い。

ブランキー・ジェット・シティ、小比類巻かほる、ザ・モッズなどのプロデューサーとしても活躍。 キム・ワイルドの作曲・プロデュース、アーケイディアのアルバム参加など海外でも活躍する。 国内では、りりぃ・バイバイ・セッションバンド、大橋純子&美乃屋セントラル・ステイション、 VITAMIN-Qなどにギタリストとして参加。

His performance
  • [Night Mirage]
    IPPU-DO
  • [Tokyo Ballet]
    Masami Tsuchiya
  • [Bitter Is Better] (single)
    Kim Wilde
  • [So Red Rose]
    ARCADIA

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Gary Numan ( vocal, synthesiser,guitar... )

His performance with Mick
  • DANCE
    (GARY NUMAN)
ゲイリー・ニューマン

イギリス・ロンドン出身のシンガー・ソングライター、プロデューサー。 本名:Gary Anthony James Webb 。 シンセサウンドを商業的ポップに昇華し、ニューウェイブ、 エレポップを牽引してきた人物の一人として評価されている。

彼は、ミックの特異なベース・プレイに早くから着眼した。 ジャパン以外でミックがベースを弾く最初のアルバムが、 ニューマンが1981年にリリースする [Dance] 。

1978~79年には、チューブウェイ・アーミー(Tubeway Army)という名義で、 近未来SF的なキャラクターとしてのアルバムを発表し、注目される。 単独名義でのアルバムは1979年の[The Pleasure Principle]から。

His performance
  • [Repricas]
    Gary Numan with Tubeway Army
  • [The Pleasure Principle]
    Gary Numan
  • [Dance]
    Gary Numan

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

[ amazon.co.jp ]

Replicas

Pleasure Principle

[ HMV ]

Replicas

Dance

YouTube

top of page

Ricky Wilde ...aka Ricki Wilde ( produce )

His performance with Mick
  • TITLES
  • LOVE IS
    (KIM WILDE)
リッキー・ワイルド

イギリス・ロンドン出身のシンガー・ソングライター、プロデューサー。 本名リッキー・スミス(Ricky Stephen Reginald Smith)。

ミックの初シングル[Sensitive]の共同プロデューサー。 父はマーティー・ワイルド(Marty Wild)。姉はキム・ワイルド(Kim Wilde)。 自身も1972年、11歳の時に歌手デビュー。

1980年代には姉キム・ワイルドのプロデューサーとして 成功した。自身の歌手時代は"Ricky"、キムのプロデューサーとしては "Ricki"と名乗ることが多い。

His performance
  • [I am an astronaut](single)
    Ricky Wilde
  • [Teen Wave](single)
    Ricky Wilde
  • [Kim Wilde]
    Kim Wilde
  • [Another Step]
    Kim Wilde

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Rob Dean ...aka Robert Dean ( guitar )

His performance with Mick
  • BEGINNING TO MELT
    (JANSEN/BARBIERI/KARN)
  • DANCE
    (GARY NUMAN)
  • and JAPAN's albums (1978-81)
ロブ・ディーン

イギリス・ロンドン出身のギタリスト。 1975年にデヴィッド・シルヴィアン、ミック・カーン、スティーヴ・ジャンセン、 リチャード・バルビエリのバンドに加わる形で、 ジャパン結成に参加。1981年のアルバム [Gentlemen Take Polaroids] を最後にジャパンから脱退。

ミックとはゲイリー・ニューマンのアルバム [Dance]と、 ジャンセン・バルビエリ・カーンのアルバム [Beginning To Melt] で共演。

1984年 イラストレイテッド・マン に参加 。 アルバム [Illustrated Man] をリリース。 ギタリストとして、シンニード・オコナー、ABC、 オーストラリアのスロー・クラブのアルバムなどに参加。 現在は、ミュージック・シーンを離れ、 コスタリカで野鳥クラブの会長職に就いている。

His performance
  • [Illustrated Man]
    Illustrated Man
  • [The Good Life 1979-1986]
    Vivabeat (See Jane Run)
  • [The Lion And The Cobra]
    Sinead O'Connor
  • [Up]
    ABC
  • [World Of Wonders]
    Slow Club

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Kate Bush ( vocal )

Her performance with Mick
  • THE SENSUAL WORLD
    (KATE BUSH)
ケイト・ブッシュ

イギリス・ロンドン出身のシンガー・ソングライター。 本名:Catherine Bush 。 16歳の時にデイブ・ギルモアに見いだされ、 19歳の時、シングル [Wuthering Heights] 、アルバム [The Kick Inside] でデビュー。

ヴォーカルだけでなく自身でも作詞・作曲、やがてプロデュースもこなし、 丁寧に作り込んだアルバム制作をするために発表枚数は少ないが、 クオリティの高いアルバムをリリースする。 先鋭的かつポップな作家性を表して、”女ピーター・ガブリエル”と呼ばれたこともある。

ミックは、1982年のプリンス・トラストで ケイトの [The Wedding List] でミッジ・ユーロ、フィル・コリンズ、 ピート・タウンゼンドらとバックを務める。 また、1989年の アルバム[The Sensual World] の [Heads We're Dancing] に ベースで参加。

Her performance
  • [The Dreaming]
    Kate Bush
  • [The Whole Story]
    Kate Bush
  • [50 Words For Snow]
    Kate Bush

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Robby Aceto ( vocal, guitar )

His performance with Mick
  • BEGINNING TO MELT
    (JANSEN/BARBIERI/KARN)
  • ROSE
    (STEFANO PANUNZI)
ロビー・アセト

合衆国ニューヨーク州イサカ出身のミュージシャン。ギタリスト、シンガー・ソングライター。 ジャンセン・バルビエリ・カーンは、当初ギタリストでヴォーカリストのロビーと パーマネントな活動を計画していた。その時の録音がアルバム [Beginning To Melt] に収録されている [Human Age]。ミックとの共演は、他にステファノ・パヌンジの [Rose] 収録の [On Line, Now!] に ギタリストとして参加。

デヴィッド・シルヴィアンの1988年のツアーにギタリストとして参加。 他に、ステファノ・パヌンジ、アリーチェ、トムトム・クラブ など多くのセッションやステージに参加。近年、アコーディオンを担当することもある。

1996年リリースの初ソロ・アルバム [Code] はプロデュースがデヴィッド・トーン。 参加ミュージシャンは デヴィッド・トーン、屋敷豪太、スティーヴ・ジャンセン。自身はヴォーカル、ギターに加えて、ベース、ピアノとマルチプレーヤーぶりを発揮している。

His performance
  • [Code]
    Robby Aceto
  • [Live At The Clubhouse]
    Tom Tom Club

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Joan Armatrading ( vocal, guitar, piano )

Her performance with Mick
  • HEARTS AND FLOWERS
    (JOAN ARMATRADING)
  • SQUARE THE CIRCLE
    (JOAN ARMATRADING)
ジョーン・アーマトレイディング

イギリスのシンガー・ソングライター、ギタリスト。 本名:Joan Anita Barbara Armatrading。 出身は、カリブ諸島のセントクリストファー島バセテール。 3歳の時、家族と共にイギリス・バーミンガムに移住。 独学で作曲、ギター、ピアノを始め、 1973年 アルバム [Whatever's For Us] でデビュー。

2012年現在で、3回グラミー賞にノミネートされている。 ポップ、ロックの中にフォークやレゲエの要素も取り入れた彼女独特のスタイル。 そして、1980-90年代には、ゲストミュージシャンに ニューウェイブ、プログレッシブ・ロックなどの凄腕達が参加。 あくまで中心は彼女の声なので、このジャンル横断にも不自然さはない。

ミックはアルバム [Hearts And Flowers] と、[Square The Circle] に参加。

Her performance
  • [Me Myself I]
    Joan Armatrading
  • [Walk Under Ladders]
    Joan Armatrading
  • [What's Inside]
    Joan Armatrading

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Natacha Atlas ( vocal )

Her performance with Mick
  • THE TOOTH MOTHER
  • PLAYING IN A ROOM WITH PEOPLE
    (JBK)
ナターシャ・アトラス

ベルギー・ブリュッセル生まれのシンガー・ソングライター。 アラビア音楽と西洋エレクトリック・ミュージックを融合し、 ドラムン・ベースやレゲエの要素も加えた独自のポップスを創作。 モロッコ人の父と、英国人の母を持ち、アラビア音楽をルーツに持ち、 西洋音楽にも触れて育った。

1993年ロンドンで、西洋音楽とエスニック音楽を融合させた、エスノ・テクノともいえるバンド Trans-Global Underground のリード・シンガー、ダンサーとしてデビュー。 1995年アルバム [Diaspora] でソロ・デビュー。 1999年シングル [Mon Amie La Rose] がベルギー、フランスでヒット。 2000年ジャン・ミッシェル・ジャールのシングル [C'est La Vie] に参加。

1995年 ミックの4枚目のソロ・アルバム [The Tooth Mother] にゲスト・ヴォーカリストとして 3曲に参加。ミックが得意とする中近東音階と独自のフレットレス・ベースに アラビア音楽をルーツに持ち、西洋音楽のマーケットで成功したアトラスとは、 共通項があり相性がいい。 エスニックなイメージを出すために濃いメイクをして派手ですが、 素顔になったら、かわいらしい顔立ちじゃないでしょうか?(^_^) 私の個人的な見解ですが。。。

Her performance
  • [Dream Of 100 Nations]
    Trans-Global Underground
  • [Gedida]
    Natacha Atlas
  • [C'est La Vie]
    Jean-Michel Jarre

LINK - 関連サイト

MARKET - 購入サイト

YouTube

top of page

Another takeuta's web site